よくあるご質問 - 商品の保存方法や調理方法について

商品の保存方法や調理方法について

Q

賞味期限は「おいしく食べられる期間」とありますが、賞味期限を過ぎたら、食べられないのですか。

A

賞味期限とは、未開封の状態で、パッケージに記載された方法(温度)で保存した場合、おいしく召し上がれる期間の目安です。期限を過ぎるとすぐに召し上がれなくなるという意味ではありません。しかしながら、日にちが経過すると、味だけではなく、商品自体の品質も変化しますので、期限内のご利用をおすすめします。

ページトップへ戻る

Q

開封しても、賞味期限まで日持ちがしますか。

A

開封後は日持ちがしません。賞味期限に関わらず、できるだけ早く、召し上がってください。

ページトップへ戻る

Q

焼肉たれを開封した後は、どこで保存したら良いですか?

A

開封後は、日持ちがしませんので、必ず冷蔵庫に保存してください。保存料を使用しておりませんので、賞味期限に関わらず、できるだけ早く、召し上がってください。

ページトップへ戻る

Q

ハムやソーセージは、冷凍保存できますか。

A

ハムやソーセージなどの冷凍保存はおすすめしません。冷凍すると食品中の水分が凍り、お肉の組織を壊してしまうため、食感が損なわれます。また、解凍する時に水分と一緒にうま味が流れ出てしまうため、風味も損なう恐れがあります。どうしても召し上がれない場合は、1回分ずつに小分けし、ラップやジッパーつきの袋でしっかりと包み、できるだけ早く凍らせてください。召し上がる時は、一旦冷蔵庫に移し、低温で時間をかけて解凍してご利用ください。

ページトップへ戻る

Q

ハムやソーセージ、ベーコンなどは、加熱しなくても食べられますか。

A

ハムやソーセージ、ベーコンは既に加熱しておりますので、そのままでも召し上がれます。しかしながら、ウインナーやベーコンなどは、加熱した方が脂のうま味が引き出され、おいしく召し上がっていただけます。
生ハムやドライソーセージは、加熱せず、そのまま召し上がってください。

ページトップへ戻る

Q

ソーセージの袋が膨らんでいるのはなぜですか。空気を抜いて保存してもいいですか。

A

おいしさと鮮度を保つため、窒素を封入しております。パッケージにゆとりを持たせることで、流通時に商品を保護する役割もあります。開封されますと、日持ちがしなくなりますので、召し上がるまでは、未開封で保存してください。

ページトップへ戻る

Q

同じ商品なのに、保存温度の記載が、「10℃以下」の場合と「4℃以下」の場合があります。どのように違うのですか。

A

どちらも中身は同じです。「4℃以下で保存」の商品は、低温で保存することにより日持ちがします。ご家庭では「4℃以下で保存」の商品は、冷蔵庫の0℃付近(パーシャル室、チルドルームなど)で保存してください。

ページトップへ戻る

Q

チキンナゲットやチキチキボーンは、開封後、どれくらい日持ちがしますか。

A

開封後は冷蔵庫の0℃付近(パーシャル室、チルドルームなど)に保存し、3日以内に召し上がってください。それ以上保存される場合は、冷凍庫での保存をお願いします。

ページトップへ戻る

Q

石窯工房の大型のピザには内ラップ包装がありません。衛生的に問題ありませんか。

A

複数枚入りの商品は具材がこぼれやすいため、簡易ラップ包装しています。1枚入りのピザについては、環境に配慮し、具材がこぼれにくい加工を行うことで内ラップ包装は行っていません。衛生的なラインで製造しておりますので、安心して召し上がっていただけます。

ページトップへ戻る

Q

中華名菜をうっかり冷凍保存しました。食べられますか。

A

中華名菜には、野菜やうずら卵などを使用しており、冷凍すると食感が損なわれてしまうため、おすすめしません。しかしながら、衛生的には問題ありませんので、冷蔵庫か流水で解凍してからご利用ください。

ページトップへ戻る

Q

中華名菜やレトルトカレーの外袋には、針でついたような穴が数箇所あいています。大丈夫ですか。

A

この穴は、外装パッケージと内装の間の空気が冷やされ、水滴(結露水)が発生するのを防止するためのものです。品質には問題ありません。安心して召し上がっていただけます。

ページトップへ戻る

Q

ミートボールやハンバーグをお弁当に入れる場合、食べる時には冷めるので、温めなくても良いですか。

A

加熱済みの商品ですが、おいしさの点からも衛生面からも、一度温めたものを十分に冷ましてからお弁当箱に詰めてくださることをおすすめします。

ページトップへ戻る

Q

天津閣の肉まんを蒸し器で温めたら、数個が縮んで硬くなってしまいました。なぜですか。

A

蒸しすぎたり、水滴が直接肉まんにかかると、縮むことがあります。電子レンジ調理をおすすめしますが、蒸す場合は、布巾等をお使いいただき、水滴が肉まんに落ちないようにご注意ください。

ページトップへ戻る

Q

冷凍食品を購入し、冷凍室で保存していましたが、袋がパンパンに膨らんでいます。大丈夫でしょうか。

A

ご家庭の冷凍庫の扉の開閉頻度、商品の保存位置、冷気の当たり具合等により、庫内温度が変化することで、このような現象が起こる場合があります。食品に付着した微細な氷が昇華(氷から水にならずに直接、気体になる現象)し、パッケージ内の空気の体積が増加することによりパッケージが膨らみます。この場合、商品の品質には問題ありませんので、安心して召し上がってください。

ページトップへ戻る

ギフト商品について

Q

「要冷蔵」の表示に気づかず、1日常温で置いてしまいました。食べられますか。

A

召し上がるのはおすすめしません。商品には、「要冷蔵」「要冷凍」のように、それぞれ保存に適した温度を表示しています。「要冷蔵」と表示のある商品を常温でおいた場合、温度が上昇することにより、賞味期限内でも傷む場合があります。また「要冷凍」と表示のある商品が解けた場合も、日持ちがしません。ギフトのお品をお受取りになりましたら、まず、商品の保存温度をご確認ください。

ページトップへ戻る

Q

同じセットに入っているのに、商品によって賞味期限が違います。なぜですか。

A

商品によって、加熱方法、包装形態、スライス加工などの製造方法が違うため、品質を保持できる期間が異なります。そのため、同じセット内でも賞味期限が異なる場合があります。ギフトのお品をお受取りになりましたら、それぞれの賞味期限を確認し、賞味期限内に召し上がってください。

ページトップへ戻る

Q

ブロックの大きなハムなどは、一度に食べ切れません。残りは、どのように保存すればよいですか。

A

開封後は残りをラップでぴったりと包み、表面が空気に触れないようにして冷蔵庫で保存してください。パーシャル室やチルドルームなど、温度の低い場所での保存をおすすめします。保存料は使用しておりませんので、できるだけ早く召し上がってください。
製品の冷凍保存はおすすめしません。冷凍すると製品中の水分が凍り、お肉の組織を壊してしまうため、食感が損なわれます。また、解凍する時に水分と一緒にうま味が流れ出てしまい、風味も損なう恐れがあるためです。どうしても召し上がれない場合は、1回分ずつに小分けし、ラップやジッパーつきの袋でしっかりと包み、できるだけ早く凍らせてください。召し上がる時は、一旦冷蔵庫に移し、低温で時間をかけて解凍してからご利用ください。

ページトップへ戻る

Q

ローストビーフを温めて食べてもよいでしょうか。

A

ローストビーフは、温めずに召し上がってください。加熱すると本来の食感や風味を損なう恐れがあるためです。加熱せず3㎜程度にスライスし、お好みのソースをからめて召し上がってください。冷凍の商品の場合は、冷蔵庫で一晩解凍し、表面が解け、中心部が少し凍った状態で3㎜程度にスライスしてください。

ページトップへ戻る

Q

ローストビーフのパッケージの中に水分が出ています。品質に問題ありませんか。

A

ローストビーフのパッケージの中に、ドリップ(肉汁)が出る場合がありますが、品質には問題ありません。

ページトップへ戻る

Q

たれ漬け焼豚が、パッケージの中で動きます。真空が漏れているのではないですか。

A

たれ漬け焼豚や豚角煮は、たれと一緒に包装していますので、真空包装でもパッケージの中でお肉が動く場合があります。品質には問題ありませんので、ご安心ください。

ページトップへ戻る

Q

ミートローフ(直火焼ローフ、パストラミローフ等)は、どのようにして食べるのがおすすめですか。

A

ミートローフは、ひき肉を調味・整形し、焼き上げたもので、ソーセージに分類されます。パストラミローフは、ミートローフの表面に胡椒等の香辛料をまぶしたもので、スパイシーな味付けです。ミートローフ類はそのままでも召し上がれますが、1㎝程度にスライスし、こんがりと焼いていただくのがおすすめです。また、野菜炒め等のお料理にご利用いただいても、おいしく召し上がれます。

ページトップへ戻る

ピックアップ