雑誌広告 - 「あ、それも、ニッポンハムです。」

食物アレルギー対応商品篇

2015年12月掲載

「みんなの食卓」というネーミングに込められているもの。

始まりは、お客さまからのメッセージでした。「食物アレルギーの子どもでも安心して食べられる製品を開発してください」。その想いに応えたい。とりかかるのに迷いはありませんでした。家族みんなで食卓を囲み、食物アレルギーの有無にかかわらず同じ食事がとれる。その喜びを味わってほしい。商品名「みんなの食卓」には、そんな願いが込められているのです。山形県酒田市にある専用工場で、特定原材料7品目(乳・卵・小麦・そば・落花生・えび・かに)を持ち込まず、味についても通常のものと同じになるよう工夫してつくっています。ハムやソーセージ等のほかに、食卓には欠かせない主食をと、100%お米でつくった「米粉パン」もあります。まだまだ少ない。もっといろんな食品に広げていかなくては。我が子を想う母の愛もささえたいニッポンハムです。

ニッポンハムは二刀流どころじゃない。

関連サイト

ピックアップ