水産事業

ニッポンハムグループでは、加工事業、食肉事業に続く主要な事業として水産事業に注力しています。

調達・加工

国内外から「安全・安心」な水産原料や水産加工品を仕入れて、お客様のもとへお届けしています。
海外では、世界各国にある協力会社のネットワークを活用。各拠点で、品質や衛生管理、商品の規格、生産体制等について厳重に確認しながら買い付けています。
買い付けた原料は、厳しい品質管理基準のもと、海外の関係会社や協力工場でフィーレや切身、寿司ネタなど、使いやすい大きさにカットしたり、衣付けなどのきめ細やかな加工作業を行って唐揚げやフライといった冷凍食品に加工します。
品質面に加えて、商品の味や重量、形状等の規格についても継続的に管理を行い、様々なお得意先のニーズに対応できる商品の製造に努めています。国内では、北海道、気仙沼、焼津、八戸といった主要な産地に常駐スタッフを配置。全国各地からその時々の旬の魚介類や、こだわりを持って管理している高品質・高付加価値の養殖魚などを直接買い付けています。
また、世界的に水産物に対する需要が増大する中、高品質のマグロを安定的に供給するため、2008年より宇和島(愛媛県)においてクロマグロの養殖業に取り組んでいます。

製造

海外での加工に加え、日本国内でも水産原料を使った珍味や缶詰をそれぞれの専用工場で製造しています。
マリンフーズ(株)の三重工場では、海藻の洗浄から製品のパックまで一貫した生産管理システムのもと、シーフードサラダや中華くらげ等の珍味製品を製造しています。
(株)宝幸の八戸工場では、青森県八戸港で水揚げされたサバを厳選して使用した缶詰を製造するなど、日本有数の漁港である八戸港に近い立地を生かした特色ある商品を製造しています。
商品の品質と安全性を確保するため、三重工場ではHACCPを、八戸工場ではISO9001を取得し、原料から最終製品に至るまでの工程管理を徹底しています。

販売

全国各地に営業拠点を持ち、スーパーや外食店などのお得意先へ直接、高品質な水産加工品を販売。特に、寿司ネタではトップクラスの市場シェアを占めています。また、さまざまなお得意先のニーズや地域性に合わせて、異なる食材やメニューを提案するなど、地域密着型のきめ細やかな営業活動を展開しています。
大半の営業拠点には 5℃前後・-20℃以下・-40℃以下と温度帯の異なる冷蔵冷凍庫を設置し、商品の特性に応じて保管するなど、商品の品質管理を徹底しています。


ピックアップ