食肉事業

ニッポンハムグループの売上50%以上を占める食肉事業。

生産飼育

牛、豚、鶏を自らの手で生産飼育しているニッポンハムグループ。私たちは、国内121ヶ所、海外34ヶ所※に自社農場を持つ生産者でもあります。いつも安全で品質のよい食肉をお届けするために、例えば、鶏肉の生産では、親鶏を育て卵をかえすことから始めています。豚の飼育でも、やわらかな肉質をつくり出すため、成長の段階ごとに飼料を変えるなどの工夫を行っています。また国内の農場では国際規格SQFの認証を取得しています。
海外では、豪州と中東で大規模に農場を展開。豪州で生産する牛肉は、現地販売や日本のみならず、アジアをはじめとする世界の国々に輸出しています。
また、各農場では、排出される糞尿を回収して有機肥料を製造するなど循環型農業を推進し、常に適切な環境対策に努めています。

※2016年4月現在

家畜排せつ物の利用

処理・加工

国内27ヶ所、海外4ヶ所※に自社工場を設け、処理・加工を行っています。隣接する自社農場と連携しながら、食肉をスピーディーかつ安定的にお届けしています。
工場では、と畜だけでなく、用途に応じてよりおいしく、より手軽に使用できるよう、量販店や外食産業などお得意先の要望に合わせたカッティングを行っています。
私たちが何より大切にしている鮮度・品質の保持を徹底するため、国内すべての工場で、安全・高品質のための国際規格SQFの認証を取得。また、海外工場では、HACCPを取得しています。

※2016年4月現在

主な生産飼育、処理・加工拠点

国内

※国内の全農場・全工場でSQFを取得しています。
SQFは安全で高品質な食品を意味し、安全を確保するHACCPの手法と品質管理システムであるISO9001の要素が取り入れられた国際規格です。第三者の審査機関によって定期的な審査が義務付けられ、1年に1度再認証登録が行われることで、信頼性が保証されています。

海外

食材加工

スライス・ミンチなどの一次加工や味付け焼肉、鶏だんごといった二次加工まで、様々な加工を行っています。
外食産業、食品メーカーに提供する商品については、メニューづくりから参画し、試作・検討を重ねて取引先の要望にきめ細かく対応。また、量販店・小売店向けでは、独自のマーケティングリサーチに基づき、消費者のニーズに即した商品を提供しています。
時代が求める新しいおいしさ、便利さや使いやすさの提案を目指して、食の開発に取り組んでいます。

物流

食肉の鮮度・品質をしっかりと保ちスピーディに配送するため、全国をネットワーク化した独自の物流体制を確立しています。
東西2カ所に、国内最大規模の国際物流拠点を保有し、「必要なときに、必要なものを、必要なだけ」ジャスト・イン・タイムにお届けできる体制を整えています。また、冷蔵・冷凍庫機能だけでなく、保税や仕分け・保管機能を有し、グループ外のお客様の物流業務も担っています。

販売

ニッポンハムグループは自社生産品と社外調達品を合わせて、日本国内の食肉販売量のシェア約20%を占めています。
全国の主要都市116ヶ所※に営業拠点を配置し、それぞれの地域に密着したダイレクトセールスを展開。各売場の情報を収集し、お客様の目線に立った商品の構成・加工方法を提案するなど、お肉の専門家として、店頭を支援しています。ネットワークとフットワークを駆使した強力な販売力が、ニッポンハムグループの食肉事業を支えています。

※2016年4月現在

ピックアップ