TOP>社員を知る>社員紹介

社員紹介

MM 
日本ハム惣菜株式会社
MM 
商品開発課
2012年入社
農学部農芸化学科
このような仕事をしています
中華名菜シリーズや角煮商品の担当として、新商品の開発や既存商品の改良を行っています。商品は大きく分けて、市販向け商品、業務用商品があり、それぞれ商品形態や販売先が異なるので、それらに合った規格で商品設計を行います。開発の流れとしては、まずテーブルレベルで試作を実施し、営業に試作サンプルを送付し、味や見た目、価格など規格を決めていきます。配合が確定した後、工場のラインで製造テストを実施します。テーブルレベルのサンプルに品質を合わせるために、製造条件の調整を行います。また、合わせて設計通りに製造できているか、出来高や生産性の確認も行います。このように、試作から製造に落とし込むまでが商品開発課の業務となります。開発課内だけではなく、製造課や品質保証課、営業など、多くの方々とやりとりする業務が多いので、積極的にコミュニケーションをとることが重要です。
成功エピソード
入社3年目で、ギフト向けの美ノ国シリーズの焦がし煮豚を開発した事です。ギフト商品は、お客様が大切な方にお送りする商品のため、より高い品質が求められます。その品質を再現するのが非常に大変でした。肉の「やわらかい食感」を追求するために、加熱条件や配合を変えて何度も試作し、また日本ハムの研究所に肉をやわらかくする方法を相談しに行くこともありました。配合を確定させた後も、製造ラインでテーブル試作品の品質が再現できずに苦労しました。上司や他部署の方々と意見を出しあって何回かテストをした後、ようやく目指す品質のものが製造できるようになりました。この商品の立ち上げを通して、多くの人と事前に情報を共有し、懸念事項について早い段階で対処できるようにしておくことが重要だと学びました。商品発売後、お客様より「美味しい」「また食べたい」とのお声をいただいた時、非常に嬉しかったことを覚えています。
仕事のやりがい
一つは、開発に携わった商品がお客様から「美味しい」とのお声をいただいた時です。開発スタートから発売まで、かかる時間は商品によってさまざまですが、3か月~1年以上かかるものもあります。担当する商品は、手をかけた分愛着も出てきます。店頭に商品が並んでいるのを見たり、お客様からお褒めのお言葉をいただいた時は、私がやってきた仕事はここに繋がっているのだなと実感します。もう一つは他部署と連携して、無事に商品立ち上げができた時です。商品は、開発課だけではできません。他部署の多くの人の力があって初めて商品立ち上げにつなげる事ができます。なかなかスムーズにいかないこともありますが、皆の力でものづくりをする、という楽しみや達成感を味わえます。
学生へのメッセージ
私の場合は、まずはどのような会社で働きたいのか考えたり、自分の長所はどのように仕事に活かせるのだろう、というように自分自身と向き合いました。「人に喜んでもらえるような商品作りに携わりたい」という思いを軸に、就職活動に取り組んでいました。人と比べてうまく選考が進まず、不安になることもありました。そういう時は一人で悩まずに、両親や友達、信頼できる人に相談したり、たまには気分転換で友達と遊んだりして、「また頑張ろう!」と気持ちを立て直していました。また、業界・業種にこだわらず、幅広い視点で企業を見てみると、面白い発見もあると思います。就職活動は人や企業、多くの「出会い」があります。一つ一つの「出会い」を大切に就職活動に励んでください。

キャリアステップ

2012年~2013年
入社後、研修期間を経て、商品開発課に配属。上司や先輩に開発業務を教わりながら、試作作業の補助。12月頃より、フライ商品の担当として業務用の酢豚商品の開発に携わる。
2013年~2014年
市販冷凍食品や業務用のチキン南蛮商品を主に担当。
2014年~2015年
先輩の異動に伴い、フライ商品⇒煮込み商品に担当替えとなる。美ノ国のギフト商品や中華名菜シリーズ商品の立ち上げを行う。
2015年~現在
煮込み商品担当として、新商品の開発や既存品の改良を日々行っています。
今後の目標
「美味しい」ヒット商品を作って、工場の売り上げに貢献することです。美味しいものを追究するために、家で料理に奮闘したり、旅先で美味しいものを食べたり、食に対するアンテナは常に張るようにしています。

ある1日のスケジュール

8:50 出勤。
9:00 商品開発課内での朝礼。
9:30 メールチェック。営業から、市販向け試作品の改良依頼がきています。
10:00 試作資料準備、試作。営業の要望をもとに、改良を行います。
11:30 試食会。週に1~3回開発中の商品の試食会を行います。関係部署に試作品の内容を説明し、製造上のリスクなどを共有し、そこでアドバイスをもらうこともあります。
13:00 休憩。
14:00 製造テストの立ちあい。来月発売の業務用商品の製造テストです。設計どおりに製造できるか確認します。
16:30 テスト品の確認。品質に問題がないか確認します。
17:00 営業に試作品、テスト品を送付。
19:00 退社。
19:30 帰宅。趣味の音楽に癒されています。

この社員が働いている企業

日本ハム惣菜株式会社
日本ハム惣菜株式会社

日本ハム惣菜株式会社は、北は北海道から南は宮崎まで、全国3ヶ所の拠点にて地域に根ざした加工食品を製造している会社です。それぞれの成り立ちや立地特性をいかして個性豊かな製品を送り出しております。また、各種ISOを取得して『品質・環境・安全』に配慮した製品をお届けしております。おいしさの感動と健康の喜びをお届けし、進化し続ける若さあふれる会社、それが日本ハム惣菜株式会社です。

この企業で働く社員たち

日本ハムグループにエントリーする