TOP>社員を知る>社員紹介

社員紹介

K S
日本ハム惣菜株式会社
K S
技術管理課
1995年入社
このような仕事をしています
技術管理の仕事は、工場を運営する上で必要な建物や空調設備、製造機械と工場に必要な電気、ガス、水、蒸気を供給する設備や発生させるための装置(ボイラーやエアーコンプレッサー)の管理や整備を行なっています。また新しい機械や設備の導入、既存設備や製造機械の改良なども行い、他部署から出てくる要望に答えています。機械や設備を直に触れる仕事だけではなく、それら設備や機械の資産管理、必要な部品の購入など経費の管理も一部行なっています。その他にも従業員の命や工場を守るべく消火設備や防犯設備の管理、法的届出、ISOの省エネ省資源活動など多岐にわたり、他のメンバーと一丸となり業務を行なっています。
今までで一番苦労した事
新商品導入に伴い新規ラインを立ち上げることになり、限られた予算と期間、スペースを使い、どのように製造機械と人を配置してラインを組むかを考え、他部署と連携し各メーカーとのやり取りを行いラインを立ち上げたことがとても大変でした。1ヶ月で5kg程痩せましたが、ラインが稼動して製品が出来上がった時は、それまでの苦労が報われたのと同時に、達成感と感動を味わうことが出来ました。その苦労した経験が、今の自分の成長に繋がったと感じています。今思い出しても涙が・・・!
仕事のやりがい
技術管理課は縁の下の力持ちです。表舞台には出にくいですが、工場を支えている重要な部署です。良い商品や安全な職場作りのために設備や機械の維持管理、品質や生産性を向上させるための改善が必要です。他部署からの要望で改善を行い、品質や生産性、歩留まりが向上して成果に繋がり、仲間の笑顔が見れた時はとてもうれしく感じます。工場と従業員を支えていくことで、その先のお客様に良い商品を提供出来ていることに誇りとやりがいを感じています。
学生へのメッセージ
食品会社と言っても直接食品に携わる仕事以外にも様々な仕事があり、私たちのように電気や機械に携わる仕事もあります。皆さんはどんな人達と、どのような仕事がやりたいですか?まずは自分がどんな会社でどのような仕事をしたいか、また活躍している姿を思い描いて見てください。まずはそこからです。専門知識・技術を活かしたいと考えている人はもちろん、日本ハム惣菜では教育体制も充実していますので、入社してから学びたい方も大歓迎です。私たちと一緒にものづくりの喜びを味わいましょう!

キャリアステップ

1995年~2003年
主に包装梱包を行なう製造機械の保守保全、改善業務や基幹設備の点検などを習得。
2003年~2008年
製造課に異動して製造ラインに入り、生産性や歩留まりなどの管理、新商品のライン立ち上げや導入など製造全般を経験。
2008年~現在
製造機械の保守保全業務、設備投資や資産管理など習得。
今後の目標
今以上に良い商品が造れる工場にすること、次世代の人達の成長を手助けをすると共に、活躍して働ける職場を残していけるように会社の発展に貢献すること。

ある1日のスケジュール

9:00 出社後メールチェックと夜勤者からの連絡と引継ぎ事項確認。
10:30 全体ミーティング出席。
13:00 課内のミーティング。
13:30 機械点検整備。各種取引業者との打合せ。改善事項打合せなど。
19:00 引継ぎ作成。帰社。

この社員が働いている企業

日本ハム惣菜株式会社
日本ハム惣菜株式会社

日本ハム惣菜株式会社は、北は北海道から南は宮崎まで、全国3ヶ所の拠点にて地域に根ざした加工食品を製造している会社です。それぞれの成り立ちや立地特性をいかして個性豊かな製品を送り出しております。また、各種ISOを取得して『品質・環境・安全』に配慮した製品をお届けしております。おいしさの感動と健康の喜びをお届けし、進化し続ける若さあふれる会社、それが日本ハム惣菜株式会社です。

この企業で働く社員たち

日本ハムグループにエントリーする