ウインナー手作り体験教室(出前授業)

「食べること、楽しもう!」をスローガンに2006年から「NPO法人企業教育研究会」と協働連携し、全国から実施希望校を募り、小・中学校への出前授業を行っています。

この授業では学年に合わせ「食べることの大切さ」と「食べものの役割」などをお伝えしています。また、いつも食べているウインナーがどんな材料で、どのように作られているのかを五感を通して体験することで、「食べものを大切にする気持ち」を育んでもらえるように努めています。

出前授業の様子

※日経チャンネル(日本経済新聞社が動画配信を行う映像コンテンツポータルサイト)にて2014年10月に配信されたものです。

出前授業の流れ

食べものについての講義を聴く。

まずは「食事の大切さ」や「食べものの役割」についてお話をしっかりと聴きます。

作り方のお手本を見る。

ウインナー作りのお手本を見ます。ここで美味しくつくるコツも学びます。

工程① 肉とスパイスをよくまぜる。

予習通りに手をしっかり洗ったら、作業を開始します。お肉をボウルにあけて、スパイスを入れてしっかり練ります。
ここが美味しく仕上がる一番のポイントです!お肉が冷たいのを我慢して一人ずつ交代で練りこみます。

工程② ウインナーメーカーを使って肉を羊腸に詰める。

ウインナーをつくる道具「ウインナーメーカー」の筒の部分に手のひらを使って、お肉を入れていきます。お肉を入れたら、「ウインナーメーカー」をセットします。ノズルの先に羊腸をつけます。レバーを引くとお肉が自然と羊腸に入っていきます。

工程③ 羊腸をねじって結んでととのえる。

ウインナーの長さは、好きなところで羊腸をねじって決めます
元にもどってしまわないように、ねじる時のコツも教わります。

工程④ ウインナーをボイル加熱してフライパンで焼く。

沸騰させてしまうと、ウインナーが破裂してしまうので、注意します。
ウインナーの中心温度を測り、75℃になったら、鍋からあげます。
ねじった部分をはさみで切ってフライパンで焼くと出来上がりです!

お申し込みはこちら

※NPO法人企業教育研究会のサイトにリンクします。

ピックアップ