温室効果ガス(GHG)排出量

ニッポンハムグループは、1998年に環境憲章を制定して以来、継続的に環境保全活動に努めてきました。これらの活動については、ウェブサイトや「CSRレポート」といった媒体を通して、情報開示に努めています。
また、開示データの適切性を担保するため、ニッポンハムグループの国内事業所より排出された温室効果ガスの算定手法や算定範囲の適切性について、第三者検証を受審しています。

ニッポンハムグループの温室効果ガス排出量(スコープ 1・2)の第三者検証結果

2015年度の温室効果ガス排出量について、SGSジャパン(株)による第三者検証を受審しました。

発生源 使用量、発生量 GHG排出量(t、CO2換算量)
電気 572,540 MWh 331,501
A重油 26,142 kL 70,836
LPG 6,402 t 19,201
都市ガス 23,656 千m3 52,849
灯油 13,173 kL 32,795
ガソリン 1,871 kL 4,344
軽油 11,161 kL 28,853
天然ガス 32,481 m3 72
廃棄物 832,414 kg 2,123
メタン 846,004 kg 21,150
一酸化二窒素 150,713 kg 44,912
合計 608,636

ニッポンハムグループの温室効果ガス排出量(スコープ3)の第三者検証結果

カテゴリー GHG排出量(t、CO2換算量)
1.購入した物品・サービス 8,313,013
2.資本財 115,549
3.スコープ1・2に含まれない燃料及びエネルギー活動 44,698

4.輸送、配送(上流)

570,718
5.事業から出る廃棄物 18,437
6.出張 6,510
7.従業員の通勤 54,027
8.リース資産(上流) 7,647
9.輸送、配送(下流) 128,659
10.販売した製品の加工 48,608
11.販売した製品の使用 31,650
12.販売した製品の廃棄 109,424
13.リース資産(下流) 該当なし
14.フランチャイズ 該当なし
15.投資 該当なし
合計 9,448,940
■対象範囲
国内の生産・製造事業所及び営業拠点、物流拠点、本社・支社、研究所
温室効果ガス排出量は 、Scope1 、2 (エネルギー起源の二酸化炭素排出量) 、Scope3 (カテゴリー1~15、カテゴリー13~15 は該当しないことを確認)廃棄物の焼却及び家畜 (消化管内 発酵及び排せつ物処理) による二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素
■対象期間
2015年4月1日~2016年3月31日
■対象とした温室効果ガス
二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素
■算定にあたり参考とした資料
環境省・経済産業省「温室効果ガス排出量算定・報告マニュアル(Ver4.0)」
■定量的データの検証
日本ハムファクトリー(株)静岡工場、日本ハム惣菜(株)新潟工場、日本ルナ(株)京都工場、(株)宝幸大刀洗工場の現地検証及び証憑突合、その他検証対象範囲に対する日本ハム(株)東京支社における分析的手続及び質問

検証意見書

ニッポンハムグループおよびサプライチェーン全体の温室効果ガス排出量構成比

スコープ3においては全15カテゴリーのうち該当する12カテゴリーを算定しました。
なお算定対象期間は2015年4月1日~2016年3月31日です。

ピックアップ