データから見る環境活動

ニッポンハムグループでは、事業活動における電力、燃料や用水等の使用量のほか、CO2や廃棄物などの排出量を月次で把握しています。これらは、環境情報共有システム「ECOハート®」を用いて、年度毎の環境活動の全体像を捉え、目標達成度の評価や次年度の目標設定などに活用しています。

■2016年度データから見る環境活動
  • 対象:ニッポンハムグループの国内全事業所及び国内で使用する全車両
  • 集計期間:2016年4月から2017年3月
INPUT
エネルギー
電力:584,278千kWh
用水:13,729千m3
燃料:78,293kL
車両用燃料:12,605kL
原材料
264千トン
飼料
666千トン
INPUT

イラストをクリックすると各部門の環境データが表示されます

  •  生産飼育の施設や牧場
  • 食肉の処理加工工場
  • ハム・ソーセージの製造
  • 加工食品の製造
  • 水産・乳製品の製造
  • 営業所、物流拠点、本社・支社、研究所
  • 車両
OUTPUT
製品:791千トン
お客様の自宅で廃棄となる量(商品のパッケージなど)
プラスチック:12,661トン
紙:933トン
びん:1,454トン
PETボトル:0トン
OUTPUT
大気排出
GHG排出量: 630千t-CO2(内訳)
CO2:563千t-CO2
メタン:929-CH4
一酸化ニ窒素:145t-N2O
SOx:305t
NOx:222t
排水
12,094千m3(内下水道放流:1,370千m3
副産物・廃棄物
発生量:416,569トン
リサイクル量:394,100トン
処分量:20,526トン
OUTPUT

ピックアップ