資料ダウンロード
ニッポンハムグループCSR コミュニケーションブック2018
CSR Activity 2019
Data Book

プロスポーツチームの運営参画

日本ハム(株)は、プロ野球チーム「北海道日本ハムファイターズ」のグランドパートナーとして、またプロサッカーJリーグ「セレッソ大阪」のトップパートナーとして運営・支援を行っています。
「食とスポーツで心と体の元気を応援」する企業として、スポーツ文化の普及、市民スポーツの振興、地域社会への貢献に努めるとともに、選手たちが全力で戦う姿を通して感動や夢をお届けしています。

プロ野球チーム「北海道日本ハムファイターズ」

創業者の「プロ野球の発展を通じてスポーツを振興し、青少年の育成、そして社会に貢献していきたい」との思いから1973年に球団運営に参画しました。

そして2004年に本拠地を北海道に移転し、「北海道日本ハムファイターズ」が誕生。「スカウティングと育成で勝つ」という方針の下、チームを強化し、移転後14年の間に5度のリーグ優勝、2度の日本一の好成績を収めています。

またファイターズは、「Sports Community(スポーツコミュニティ)」を企業理念に掲げ、スポーツと生活が近くにある、心と身体の健康をはぐくむコミュニティの実現を図るために、地域の皆さまとともに、さまざまな活動を行っています。

北海道日本ハムファイターズ

プロサッカーチーム「セレッソ大阪」

1993年に設立され、大阪府大阪市・堺市をホームタウンとして展開している「セレッソ大阪」。2017年11月にはクラブ初タイトルとなる「ルヴァンカップ」2018年1月には「天皇杯」優勝を成し遂げました。

クラブスローガンに「SAKURA SPECTACLE 閃け。輝け。咲き誇れ。」を掲げ、「スポーツを通じて、夢と喜びを提供する」ことを企業理念として活動しています。

セレッソ大阪

ピックアップ