サプライチェーンへの取り組み

サプライヤーとの連携

ニッポンハムグループは、商品・サービスの安全や、社会問題、環境問題に配慮した責任ある調達の推進にむけて、サプライヤーとの連携を強化して取り組んでいます。

サプライヤーのモニタリング

重要なサプライヤーの考え方

取引金額量が大きいサプライヤー、また代替不可能な原材料、包装・資材、家畜、飼料等を納入いただくサプライヤーを「重要なサプライヤー」として位置づけています。

重要なサプライヤーの状況(国内)

重要なサプライヤー数 162社
全一次サプライヤーに占める重要なサプライヤーの割合 15.4%
全調達金額に占める重要なサプライヤーの調達金額の割合 82.18%

※2022年3月時点

※対象範囲:日本ハム(株)、日本ルナ(株)、(株)宝幸、マリンフーズ(株)

アセスメントの実績(国内)

アンケート実施企業数 回収率
2018年度実績 36社 100%
2019年度実績 68社 100%
2020年度実績 21社 95.5%
2021年度実績 33社 100%

※取引金額上位80%の企業を対象に設定

サステナビリティリスクが高いサプライヤーの考え方

人権、労働、環境、腐敗防止の観点において、アンケートの結果をもとに「サステナビリティリスクの高いサプライヤー」を判断しています。