「日本ルナの森」にて森林保全活動を実施

2018年8月16日

日本ルナ(株)は、和歌山県産有田みかんの果汁を使用した「バニラヨーグルト 有田みかん」の製造・販売がきっかけとなり、自然環境の保全と地域との連携を目指し、和歌山県紀の川市にて森林保全活動を開始しました。2017年3月に和歌山県及び紀の川市と森林保全・管理協定書を締結し、和歌山県が進める「企業の森」事業を活用した「日本ルナの森」として取り組みを行っていきます。
2018年6月17日、第1回目の活動が行われ、従業員約40名が参加しました。紀の川市の中村愼司市長をはじめとする関係者の方々にお越しいただき除幕式が執り行われ、和海紀森林組合のご指導のもと、従業員が一丸となりスギの木の間伐に挑戦しました。
今後は年に1回の間伐を実施する他、間伐材のオフィス利用も進めることを検討しています。

20679_ext_20_0.jpg

除幕式

20679_ext_30_0.jpg

スギの木を間伐する様子

20679_ext_33_0.jpg

バニラヨーグルト有田みかん