選手の母校で「食とスポーツ」の出前授業を実施

2019年1月24日

日本ハム(株)は、2018年11月30日(金)和歌山県紀の川市立西貴志小学校、12月17日(月)福岡県宇美町立伊野小学校にて「食とスポーツ」をテーマにした出前授業を実施しました。
西貴志小学校では同校卒業生の北海道日本ハムファイターズ西川遥輝選手、伊野小学校では同校卒業生の中島卓也選手が特別講師として登場!北海道日本ハムファイターズベースボールアカデミーコーチと共に子ども達に向けた運動プログラムを提供しました。

はじめに、チーム対抗で、平均台やマットなどを用いて運動スキル向上のプログラムに挑戦。選手からのボールをキャッチしてダッシュする姿に大きな声援が飛びました。また、6~10人1組で手をつないでフラフープをくぐるプログラムでは、選手も一緒に参加してチームワークの大切さを伝えました。
その後は、日本ハム(株)中央研究所の管理栄養士による食育授業が行われ、成長期の子どもたちに向けて、強い体づくりのコツである「3つの3(さん)」※をお話しました。
今後もニッポンハムグループでは食とスポーツを通じて子どもたちの心と体の元気を応援してまいります。
※3つの3(さん):1日に3回食べる、3つのはたらきをそろえて食べる、サンキュー(感謝)の気持ちを大切に食べる
 

20809_ext_20_0.jpg

西川選手が参加した西貴志小学校での様子

20809_ext_23_0.jpg

中島選手が参加した伊野小学校での様子