徳島大学イノベーションチャレンジクラブを支援

2019年6月7日

日本ハム(株) 加工事業本部 商品統括部は、今年で2回目となる世界的な有名企業と研究開発・商品企画に取り組むことを目的とした産学連携プロジェクトである「徳島大学イノベーションチャレンジクラブ」を支援しています。当プロジェクトでは、企業が課題(テーマ)を提供し、最先端の問題解決手法である「デザイン思考※」によって徳島大学の学生が課題解決を目指します。 

当社が提供したテーマは「ミレニアム世代に向けたファッション性、デザイン性の高いギフト」。5月8日のプロジェクト開始日には、当社従業員が学生への説明を行いました。CSRの観点も視野に入れて、11月の成果発表をゴールとしています。なお、当社の他には4社が協賛し、それぞれのテーマを提供しています。

※問題を見つけ出すところから始め、その解決策を生み出し、価値を生み出す手法。スタンフォード大学が教育で取り入れたり、GoogleやFacebookなどのハイテク企業が製品・サービス開発でも取り入れている考え方。

21098_ext_20_0.jpg