ニッポンハムグループ アニマルウェルフェアポリシー

アニマルウェルフェアポリシー制定プロセス

ニッポンハムグループは、2020年度に「5つのマテリアリティ」を特定し、企業理念、SDGsへの貢献などを考慮したうえで施策、指標を決定しました。
その一つとして「アニマルウェルフェア」を掲げ、これまで、ニッポンハムグループとしての方針を示すポリシーの制定ならびに具体的施策の検討を関係部署と連携し進めてきました。
2021年11月の取締役会にて「ニッポンハムグループアニマルウェルフェアポリシー」とともに、具体的な取り組み目標としてマテリアリティの定量目標を決定しました。

ニッポンハムグループ アニマルウェルフェアポリシー

ニッポンハムグループは生命の恵みを大切に考え、家畜におけるアニマルウェルフェアに配慮した事業を行うことが重要な課題であると認識しています。

アニマルウェルフェアとは、「動物の生活とその死に関わる環境と関連する動物の身体的・心的状態」と、世界の動物衛生の向上を目的とする国際獣疫事務局(OIE)において定義されています。
当社グループはその考え方に賛同し、基本原則の「5つの自由」を推進します。

5つの自由

  • 飢え、渇き及び栄養不良からの自由

  • 恐怖及び苦悩からの自由

  • 物理的、熱の不快さからの自由

  • 苦痛、傷害及び疾病からの自由

  • 正常な行動様式を発現する自由

あわせて、家畜を快適な環境下で飼養し、ストレスや疾病を減らすことは、結果として安全な畜産物の生産にもつながることから、私たちはビジネスパートナーと協働し、この考え方を踏まえた家畜の飼養管理、生産体制の改善や継続した技術革新などを進めていきます。
また、情報開示、ステークホルダーとの対話を通してアニマルウェルフェアの向上に努めます。

ニッポンハムグループは、サプライチェーンにおける環境や人権、アニマルウェルフェアなどの社会側面を配慮しつつ、多様なたんぱく質への取り組みを推進し持続可能な社会に貢献していきます。

アニマルウェルフェアの取り組みについて、マテリアリティに目標を掲げています。
私たちは、アニマルウェルフェアの向上に取り組むことを通して、環境、社会に配慮した事業を行い、持続可能な社会に貢献していきます。