日本ハム旗 第15回関東学童軟式野球秋季大会

2013年11月23日・24日(土・日)、ファイターズタウン鎌ケ谷において、日本ハム旗 第15回関東学童軟式野球秋季大会を開催しました。関東1都7県の予選を勝ち抜いた代表チームによる決勝トーナメントの結果、決勝は、東京都と埼玉県の対戦となり、東京都代表チームが念願の大会初優勝を飾りました。また今年3月、バックスクリーンに設置されたLEDディスプレイの大型ビジョンには、チームや選手の名前、球速なども表示し、プロ野球と同様の雰囲気をお楽しみいただきました。

優勝 東京都代表「深川ジャイアンツ」

【決勝戦 スコアボード】
埼玉県代表「椿峰少年野球」vs 東京都代表「深川ジャイアンツ」
鎌ケ谷スタジアム(13:10試合開始)天候:晴れ
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
椿峰少年野球
(埼玉県代表)
0 0 0 0 1 0 0 1
深川ジャイアンツ
(東京都代表)
0 0 0 0 1 2 × 3

※大会特別規則により、7イニング制で実施

【戦評】
決勝戦にふさわしく4回まで両投手の投げ合いで試合が進みました。5回に入り埼玉県代表は、死球、進塁打で進んだランナーをタイムリー2塁打で先制しました。5回裏、東京都代表は、左中間を破る3塁打が飛び出し、その後内野安打ですかさず同点としました。さらに6回裏、東京都代表は、満塁からタイムリー2塁打を放ち逆転に成功しました。埼玉県代表は、7回表に満塁のチャンスを作るも、あと1本が出ず試合終了となりました。熱戦を繰り広げた選手たちにスタンドからは、惜しみない拍手が贈られました。

準優勝 埼玉県代表「椿峰少年野球」

大会トーナメント表

内の数字は対戦スコアです。

第三位 「上暮地少年野球」

第三位 「大間々東小リトルジャイアンツ」

<開会式の様子>

<試合の様子>

<閉会式の様子>

<大会にご協力いただいた皆様>

決勝トーナメントに出場した8チームに参加賞として、日本ハムグループの製品と「日本ハムグループ 社会・環境レポート※」を進呈しました。

※環境や品質に関する取り組みのほか、関東学童軟式野球秋季大会を初めとした、スポーツ支援などを掲載しています。

社会・環境レポート 2013 社会とのつながり
PDF [1.4MB / 3ページ]
「日本ハムグループ 社会・環境への取り組み〔NAVI BOOK〕」
PDF [8.6MB / 10ページ]
Adobe Reader
PDFをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。

ピックアップ