日本ハム旗 第18回関東学童軟式野球秋季大会

2016年11月19日、20日(土、日)、ファイターズタウン鎌ケ谷において、「日本ハム旗 第18回関東学童軟式野球秋季大会」を開催しました。関東1都7県の予選を勝ち抜いた代表チームによる決勝トーナメント第一日目は、雨天のため室内練習場で4試合が行われました。第二日目は準決勝と決勝3試合が行われ、茨城県と山梨県の決勝戦となりました。両チーム譲らぬシーソーゲームの末、茨城県代表が見事に優勝を飾りました。日頃の練習の成果を発揮した好ゲームを展開してくれた選手たちには、これからも将来のプロ野球選手を目指して頑張っていただけることを願っています。

中田選手、大谷選手からの応援メッセージはこちら

優勝 茨城県代表「茎崎ファイターズ」

【決勝戦スコアボード】
茨城県代表「茎崎ファイターズ」vs山梨県代表「SNSベースボールクラブ」
鎌ケ谷スタジアム(12:30試合開始)天候:晴
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
茎崎ファイターズ
(茨城県代表)
2 0 0 0 2 0 5 9
SNSベースボールクラブ
(山梨県代表)
0 1 0 1 1 0 1 4

※大会特別規則により、7イニング制で実施

【戦評】
先攻の茨城県代表(以下:茨城)は1回表、四球と敵失を足掛かりに無安打で2点を先取。対する山梨県代表(以下:山梨)は2者連続四球で2・3塁とした後内野ゴロの間に1点を返し、4回裏には、安打の走者を3塁に進め内野ゴロの間に1点を追加し同点とした。茨城は5回表に2塁打等で2点を追加。その裏、山梨も連続安打で1点を返す接戦となった。そして迎えた最終回の茨城は長短打と四球、盗塁を絡めて5点を追加。9回裏には山梨も1点を返す意地を見せたものの、茨城が後続を抑え9対4で優勝を飾った。
走攻守にわたり実力伯仲した両チームの選手はお互いに健闘をたたえ合った。

準優勝 山梨県代表「SNSベースボールクラブ」

大会トーナメント表

内の数字は対戦スコアです。

第3位 東京都代表
「北原少年野球クラブ」

第3位 栃木県代表
「豊郷中央クラブ」

中田選手、大谷選手 応援メッセージ

大会のようす

<第一日目>

<第二日目>

今回の「日本ハム旗 第18回関東学童軟式野球秋季大会」の実施にあたり、多くの皆様にご参加いただきましたこと、関係者の皆様に多大なるご協力をいただきましたこと深く感謝し心より御礼申し上げます。

ピックアップ