※ニュースリリース掲載時点の情報となります。今後、変更となる場合もありますのでご了承ください。

メールマガジンのご登録はこちら

2002年 ニュースリリース

2002年11月26日
日本ハム株式会社

厚生労働省の「アレルギー物質を含む食品の検査方法」に当社の検査キットFASTKITエライザシリーズが採用されました!

日本ハム株式会社では国立医薬品食品衛生研究所の協力を得て、省令特定原材料5品目(卵、牛乳、小麦、そば、落花生)の検査法を確立し、食品検査用ELISAキット「製品名:FASTKIT(Food Allergen Screening Test Kit)エライザシリーズ」を開発、本年4月から販売しております。

 この度、平成14年11月6日付け厚生労働省医薬局食品保健部長通知「アレルギー物質を含む食品の検査方法」(食発第1106001号)において、弊社製「FASTKITエライザシリーズ」が省令特定原材料5品目のスクリーニング検査法として採用され、各都道府県及び政令指定都市へ通知されました。

キットの特長

FASTKITシリーズは、検出法検討会において特定原材料の混入を見逃しにくいスクリーニング検査法とされています(*1)。また、食品原料から加工食品まで幅広く適用が可能であり、一次スクリーニングに最適と評価されています(*2)。

1.食品中の複数の抗原タンパク質を同時検出可能なポリクローナル抗体

従来の単一の抗原タンパク質を検出する方法とは異なり、FASTKITは幅広い食品に対応できるよう特定原材料中に含まれる複数の抗原タンパク質を検出する抗体を使用しています。例えば卵白成分(ex. OVA)としか反応しない抗体を使用した際には卵黄成分が食品中に存在したとしても検出できず、表示が抜けることにつながりますが、FASTKITならその心配はありません。

2.加熱や加圧処理された加工食品からの特定原材料の検出にも適用可能

FASTKITは加熱変性タンパクを含めて免疫した抗体を使用していますので、原材料だけでなく、加熱や加圧などの製造過程を経た加工食品からの特定原材料検出にも適用可能です。

3.簡易測定キット、さらに同時抽出で特定原材料5品目の測定が可能

 FASTKITは品質管理にもご活用いただけるように使い易いキットにまとめました。さらに「卵」「牛乳」「小麦」「そば」「落花生」共に、同じ抽出液を利用できますので、同時に全ての特定原材料の検出をアプライできます。

 

* 1)食品衛生研究,Vol.52(5),p.25-31,2002

* 2)ジャパンフードサイエンス,Vol.41(11),p.67-72,2002

シリーズ商品

FFASTKITエライザ卵

FASTKITエライザ牛乳

FASTKITエライザ小麦

FASTKITエライザそば

FASTKITエライザ落花生

測定原理・スペック

サンドイッチエライザ法(複合抗原系)

検出領域(標準溶液):1~100 ng /mL

再現性(CV値):10% 以下

製造元

日本ハム株式会社 中央研究所

お問い合わせ先

〒541-0054 大阪市中央区南本町3-6-14

日本ハム株式会社 広報室

担当:中島・石川

Tel:06-6282-3031, Fax:06-6282-1056

 

〒300-2646 茨城県つくば市緑ヶ原3-3

日本ハム株式会社 中央研究所

担当:森松・高畑

Tel:0298-47-7825, Fax:0298-47-7824

企業情報

  • 企業情報

関連ページ

  • IRニュース
  • CSRレポート
  • お客様相談窓口