※ニュースリリース掲載時点の情報となります。今後、変更となる場合もありますのでご了承ください。

メールマガジンのご登録はこちら

2006年 ニュースリリース

2006年1月12日
日本ハム株式会社

食物アレルギー対策レシピブック1月10日発売

アレルギーっ子のためのおいしい毎日ごはん

日本ハム(株)は、食物アレルギー対策レシピブック「アレルギーっ子のためのおいしい毎日ごはん(定価1,200円・税込、1月10日発売)」を、株式会社オレンジページとのコラボレーションにより制作いたしました。
平成15~17年の厚生労働省調査によると、3歳児の約20人に1人は食物アレルギーの症状を持っているとか。それら子供たちを中心とした、食物アレルギーに悩む全ての人とその家族に、おいしい食事を楽しんでいただけるよう多彩なメニューを掲載。国立病院機構福岡病院小児科医長の柴田瑠美子さんに監修をお願いしました。

監修
国立病院機構福岡病院
小児科医長・柴田瑠美子さん

最近、卵・乳・小麦を中心に多種食物アレルギーを有する乳児アトピー性皮膚炎や重症アナフィラキシー児が増加しており、当病院でもより正確な診断や食事指導、耐性化に向けた取り組みを行なっています。
アレルゲン除去食であるといっても、栄養価はもちろん、美味しいことが食事の基本であると考えます。この「アレルギーっ子のためのおいしい毎日ごはん」は、最近のアレルゲン食品に配慮したメニューが紹介され、ご家族が利用しやすいよう工夫されています。この本で、家庭での除去食レシピの充実が図られ、食物アレルギーへの理解が進められることを期待しています。

背景  食物アレルギーへの取り組みは10年前から

日本ハムは、1996年に中央研究所で食物アレルギー対応食品の研究開発を開始しました。
翌1997年にはソーセージ・ハンバーグ・ミートボールからなる「アピライトシリーズ」を発売。 2002年には食物アレルゲン検査キットの開発にも成功し、それら種々の取り組みに対して、農林水産省の「農林水産技術会議会長賞」も受賞しています(2005年)。
また、2003年に食物アレルギーに悩む人々のためのホームページ「食物アレルギーねっと(http://www.food-allergy.jp/)」を開設。研究の際に収集した情報や食品メーカーならではのメニュー提案をできるだけわかりやすく発信することを目指し、2005年12月現在、90を超えるレシピが蓄積されています。そのレシピは「アレルギーっ子のためのおいしい毎日ごはん」にも多数紹介されています。

オムライス
掲載メニュー例1 ☆オムライス☆

薄焼き卵もどきを、じゃがいもとかぼちゃで作るのがポイント。
卵アレルギーの人は鶏肉にも注意が必要なので、豚ひき肉を使います。

内容  専門家に聞く、基礎知識も

こどもが喜ぶベストメニュー10ではオムライスやスパゲティ、カレーライスなど、子どもたちが大好きで、でも今までは敬遠していたレシピがズラリ。お寿司や酢豚、ケーキ、デザートなど楽しい食卓に欠かせないメニューが揃っています。
また、「アレルギー基礎知識」のページでは、国立病院機構福岡病院の小児科医長・柴田瑠美子先生に話をうかがい、Q&A形式でわかりやすい構成になっています。

スパゲティナポリタン
掲載メニュー例2 ☆スパゲティナポリタン☆

きびを原料にした小麦不使用の麺を使います。コシがあって伸びにくいので、パスタ料理向き。 特製ケチャップだから、家族みんなで楽しめる味に。

アレルギーっ子のためのおいしい毎日ごはん

A4変形:100ページ
発行:株式会社オレンジページ
監修:柴田瑠美子(国立病院機構福岡病院小児科医長)
料理監修:辻学園栄養専門学校
編集協力:日本ハム株式会社中央研究所
定価1200円(全国の一般書店で販売)

企業情報

  • 企業情報

関連ページ

  • IRニュース
  • CSRレポート
  • お客様相談窓口