※ニュースリリース掲載時点の情報となります。今後、変更となる場合もありますのでご了承ください。

メールマガジンのご登録はこちら

2014年 ニュースリリース

2014年10月10日
日本ハム株式会社

食中毒菌迅速検査キット「NHイムノクロマト」が
国際的認証機関AOAC※より認証を国内製で初取得
※アメリカメリーランド州に本部を置く
1884年設立の非営利第3者認証機関

日本ハム(株)中央研究所が製造・販売する食中毒菌検査キット「NHイムノクロマト」シリーズの大腸菌O157検査キットの性能が国際的に権威のある機関であるAOACから2014年9月26日に認証を受けました。国内製のイムノクロマトキット※として初めての認証になります。

「NHイムノクロマト」シリーズは、食品中の食中毒菌や毒素を簡単に検査できるキットで、工場などで食品や製造ラインの安全性を高めるために使われています。AOACから認証を受けることは、検査キットの性能が信頼に値すると国際的に認められたことを意味します。AOACは、食品、医薬品、肥・飼料、化粧品等を対象とした様々な分析法について検証する世界で最も権威のある機関です。その信頼性の高さから、AOACから認証を受けた検査法は多くの国々において公定法※として採用されています。

この度、同キットが受けたのはPTM(Performance Tested MethodsSM)という認証で、AOACの理念に基づいた厳しい検証の基準に合格した検査キットに与えられる認証です。今後、日本ハム(株)中央研究所では「食の安全・安心」により大きく貢献するため、他の検査キットに関してもPTM認証の取得を目指します。

※イムノクロマトキット
検査する物質が試験紙上を毛細管現象により移動し、抗原抗体反応で捕らえられることにより特定の位置に線が現れ、ターゲットの有無を目視で確認できる簡便な検査キット

※公定法
国や公的機関により定められた分析法

 

「NHイムノクロマト」シリーズ
7つの食中毒菌とベロ毒素に対応した8つのラインナップをもつシリーズ。
大腸菌O157・大腸菌O26・大腸菌O111・大腸菌O103・ベロ毒素(VT1/2)・リステリア・カンピロバクター・サルモネラ

企業情報

  • 企業情報

関連ページ

  • IRニュース
  • CSRレポート
  • お客様相談窓口