※ニュースリリース掲載時点の情報となります。今後、変更となる場合もありますのでご了承ください。

メールマガジンのご登録はこちら

2015年 ニュースリリース

2015年2月19日
日本ハム株式会社

アジアンメニュー市場創造・拡大を狙う
キャベツがあればすぐできる
アジア食彩館「焼きビーフン」
2月20日(金)新発売

日本ハム株式会社(本社:大阪市北区、社長:竹添昇)は、2月20日(金)アジア食彩館「焼きビーフン」を新発売します。

昨今アジア料理はメディア露出の高まりや、国内でのイベント増加を背景に人気が上昇し、専門店も増加傾向にあります。弊社では、今後内食需要の高まりが予測されることから、「炭火焼牛肉ビビンバ」など現行のアジアンメニュー5品に今回発売する「焼きビーフン」を加えた全6品をアジア食彩館として発売致します。

アジア食彩館「焼きビーフン」は、ビーフン、具材、ソースをセットした商品です。お米が持つ独特のもちもちした食感のビーフンと、豚肉・人参・たけのこ・きくらげが入っている具材、エビの風味に加え豚肉の旨味を効かせることでコクを出したソースがセットになっています。キャベツがあればすぐにできます。

商品名 アジア食彩館 焼きビーフン
内容量 205g
希望小売価格 410円(税別)
保存方法 冷蔵(10℃以下)
販路 全国の量販店、食料品店など

企業情報

  • 企業情報

関連ページ

  • IRニュース
  • CSRレポート
  • お客様相談窓口