おいしく楽しくお肉を食べよう!
  • 特選お肉レシピ
  • なるほどコラム
  • お肉料理のノウハウ
  • もっと知りたい!お肉のこと
  • 心をこめて食卓へニッポンハムグループ

なるほどコラム

肉食動物も野菜を食べている?!
やっぱり肉と野菜のバランスは大事

子どもに「野菜も食べなきゃ強くなれないよ!」と叱っても、「だって、ライオンとかは肉しか食べないのに強いじゃん!」などと言い返されて悔しい思いをしたことのあるお母さん。大丈夫、実は肉食動物も野菜を摂っています!

「肉食動物」は肉と野菜を効率よく摂取している

イラストレーション/camiyama emi

百獣の王ライオンは、食物連鎖ピラミッドの上位に君臨する肉食動物の代表格。「肉食」というから肉しか食べないと思われがちだが、厳密に言うとそうではない。というのも、獲物となる動物の内臓では、その動物が食べた草が消化されているので、結果的に草を摂取することになるのである。

つまり肉食動物は「肉だけを食べている」のではなく、「肉と、草を消化した内臓」を食べることで「肉も野菜も摂取」している。なんと効率的!

「お肉だけを食べていた方が、ライオンみたいに強くなれる」とヘリクツを言う子どもには、「ライオンだって、肉と野菜の両方を摂っているんだから、どっちも大事なの!!」と強気で言おう。

食のバランスが取れるように食文化は形成されていく

お肉の内臓部分なら、私たち人間も食べている。「それなら人間もライオンと同じでは?」と思われがちだがそうではない。私たちは、基本的にはお肉を焼いたり揚げたり煮たりして食べている。しかし肉食動物はそのような加熱や加工をせず、生のまま食べる。そのためビタミンを摂取することができ、お肉によって多くの栄養素を得ることができるのだ。しかも肉食動物は、獲物を捕らえて最初に食べ始めるのが内臓と言われている。内臓には、消化済の栄養素が豊富に含まれている。素早く効率的に栄養を摂取する秘訣がここにあるのだ。

お肉を加熱して食べる私たちは、加熱によって失われる栄養素を補うべく、野菜や海産物など様々な食材を食べる習慣がある。食文化というのは、結果的に食のバランスが整うように作られていくものなのかもしれない。

前のページへ戻る

ピックアップ