おいしく楽しくお肉を食べよう!
  • 特選お肉レシピ
  • なるほどコラム
  • お肉料理のノウハウ
  • もっと知りたい!お肉のこと
  • 心をこめて食卓へニッポンハムグループ

なるほどコラム

焼き鳥で食べたい!鶏の部位いろいろ

焼き鳥屋のお品書きで、聞き慣れない部位に出合うことがありますよね。頼んでみたいけれど、どこの部分のどんなお肉かわからない…。そんなときのために、各部位の場所と特徴をご紹介します。

イラストレーション/漆原冬児
  • (1)
    かんむり
    とさかの部分。あっさりしていて、コリコリした食感。
  • (2)
    そろばん
    首周りの肉で、「せせり」や「ネック」とも呼ばれる。噛むと旨味を感じる。
  • (3)
    ふりそで
    手羽元の根元。
  • (4)
    ガツ
    胃(砂肝)の前の方にある部分。
  • (5)
    砂肝
    胃の一部の筋肉。エサと一緒に食べてしまった砂をこするため「砂ずり」とも呼ばれる。
  • (6)
    銀皮
    砂肝の表面を覆う銀色の皮。
  • (7)
    背肝・血肝
    腎臓・レバー。背肝はレバーが苦手な人でも食べてしまうくらい、クセがない。
  • (8)
    ペタ
    腰の皮の部分。
  • (9)
    ぼんじり
    尾骨のまわりにある肉で、脂がのっている。「油つぼ」は、「ぼんじり」の上の部位のこと。
  • (10)
    おび
    モモの一部。オイスターミートとも呼ぶ。
  • (11)
    ソリレース
    モモの付け根の肉。「そり」とも言う。弾力がある。

※上記の部位は、すべての焼き鳥屋で提供されるものではありません。

前のページへ戻る

ピックアップ