おいしく楽しくお肉を食べよう!
  • 特選お肉レシピ
  • なるほどコラム
  • お肉料理のノウハウ
  • もっと知りたい!お肉のこと
  • 心をこめて食卓へニッポンハムグループ

なるほどコラム

「カレー用」のお肉って、専用なの?!

お肉売り場では、パックに貼られているシールに「カレー用」「シチュー用」「しょうが焼き用」と書いてあることがあります。これはその料理専用のお肉なの?という疑問を持つ人もいるようなので、今回はその表示の意図するところをご説明します。

「○○用」は「専用」ではなく「おすすめ」

イラストレーション/漆原冬児

「カレー用」と書いてあるお肉は、一般的には角切りのことが多い。カレーは長時間煮込むため、角切りはお肉の形がくずれず、食べるときに食感を楽しめるからである。ときに「カレー・シチュー用」という表記もあり、理由は同じだ。
一方「しゃぶしゃぶ用」とあるのは一目瞭然、薄切りですぐに火が通るお肉である。「しょうが焼き用」はしゃぶしゃぶ用よりは厚くスライスされたお肉で、部位としてはロース肉・肩ロース肉、またはもも肉が主だ。
つまり「○○用」というのは、お店側が「この料理なら、このお肉で作るとおいしく作れますよ」とすすめてくれているものなのだ。牛肉にするか豚肉にするか鶏肉にするかは好みで選ぶことができるが、部位の特徴に詳しくない方に向けて、目的の料理に合わせた目安を示してくれているということになる。それを参考にしつつ、自分の好みで選ぶといいだろう。

自分のアレンジでお肉料理を広げよう

そうはいっても、「カレー用」と書かれていたらカレー以外の用途は浮かびにくい・・・・・・という人のために、別の用途も紹介しよう。
まず「カレー(シチュー)用」の角切りのお肉は、前段にもあったように、調理中の型くずれもしにくい。アレンジメニューとして、酢豚や洋風のトマト煮込みなどもいいだろう。かたまり肉を自分でカットすると不揃いになってしまう心配があるが、予めカットされているものは比較的サイズもそろっていて、火の通りにもそれほど差がないのがメリットだ。
角切りよりもやわらかいものが好みであれば、「切り落とし」や「スライス」のお肉がおすすめ。角切りに比べ薄く、子どもや高齢者の方も食べやすいだろう。

鶏肉では「からあげ用」として、3~4cm角にカットしたムネ肉やモモ肉が売られているが、これらはからあげにとどまらず汎用性が高い形といえる。一口大のこの大きさは、まな板と包丁を使わずそのまま使える形として、家庭で重宝するのではないだろうか。たとえばシチューやトマト煮込み、酢鶏や炒めものまで、いろいろな料理に応用できる。
「○○用」というお店からのアドバイスを活かしつつ、自分のアレンジでお肉料理の幅を広げてみよう。

前のページへ戻る

ピックアップ