おいしく楽しくお肉を食べよう!
  • 特選お肉レシピ
  • なるほどコラム
  • お肉料理のノウハウ
  • もっと知りたい!お肉のこと
  • 心をこめて食卓へニッポンハムグループ

なるほどコラム

SNSで人気なのはインパクト勝負の肉メニュー!

昨今、SNSのネタとしてアップされるのはインパクトのある食。おいしさもさることながら、「驚き」も重要なポイントになるようです。

ビジュアル重視のメニュー開発が盛ん

イラストレーション/camiyama emi

外食店に行くと、食べる前にスマートフォンで写真を撮る人たちが多いことに気づく。出来立てをすぐに食べてもらいたい提供側の思いとは裏腹に、おいしそうに見える角度を探りながら何回もシャッター音が響くことも。
ブログやツイッター、フェイスブックやインスタグラムなどのSNSにアップするにあたって、人気の食ネタは大きく二つに分かれる。一つは「こんなの作りました!」という手作り料理。もう一つは「こんなの食べました!」という外食店の料理だ。そのため外食店では、「写真に撮りたくなる」料理、つまりインパクトと驚きが詰まったメニューの開発が盛んになっている。
大盛りを超えた“爆盛り”とも言うべき量の多さ、キャラクターの形を再現したかわいさ、美術品のような美しさ、「この食材でこのメニュー」という意外性などなど。しかし、ビジュアル重視といえども、やはり味のレベルは一様に高い。「おいしい」は当たり前で、そこに「?!」というインパクトが付加されて初めて評価されるようだ。

肉はビジュアルでSNSをけん引する

肉料理はSNSでも人気だ。「肉料理で最近人気なのは、かたまり肉のように、インパクトのあるもの。インスタでも、迫力ある肉料理をアップすると、とても反応がいい」と、ある人気グルメブロガーは言う。
スマートフォンで高解像度の画像が撮れるようになり、撮り方の工夫もされている。料理は俯瞰の位置から撮ると評価が高くなり、焼き肉で、花が咲いているように並べられた肉をアップすると、“いいね!”がつきやすいという。
料理の全体像が見える俯瞰撮りだと、絵画のような印象を受けるからだろうか。手ぶれさえ気を付ければ、カメラ初心者でもそれなりに見えるのだろう。
SNSは肉料理の新たな可能性を開いてくれるのかもしれない。

前のページへ戻る

ピックアップ