おいしく楽しくお肉を食べよう!
  • 特選お肉レシピ
  • なるほどコラム
  • お肉料理のノウハウ
  • もっと知りたい!お肉のこと
  • 心をこめて食卓へニッポンハムグループ

なるほどコラム

新しい食のトレンド「シャルキュトリー」

最近ブームになっている「シャルキュトリー」は、専門店も増えています。「シャルキュトリーって何?」という素朴な疑問にお答えします。

シャルキュトリーは火を通したお肉

イラストレーション/camiyama emi

シャルキュトリーはフランス語で、「火を通した肉」のこと。語源は「chair(肉)」+「cuite(火を入れる)」。ハムやソーセージ、サラミといった加工品、ローストしたお肉やお肉を細かく刻んでパイ生地に包んで焼くパテ、型に入れて焼くテリーヌ、オイルで長時間お肉を煮るリエットなどもシャルキュトリーに含まれる。こうして見てみると、原料のお肉は豚肉であることが多いようだ。
日本では新しい食のトレンドとして知られているが、フランスでは昔からメジャーなもの。フランスでは、その食べ物を売っているお店のこともシャルキュトリーと呼ぶそうで、シャルキュトリーを作る人のことは「シャルキュティエ」と言うのだそう。
もともとはお肉を長期保存するために生まれたものだが、今では贈り物に使われたりもしている。日本の専門店でも贈答用の商品があり、ホームパーティーなどのちょっとしたお土産としても最適なのだ。

お酒とお肉の新しい楽しみ方

シャルキュトリーの魅力は、前菜にもおつまみにもなり、またメインディッシュにも付け合わせにもなるという万能性。そもそもお肉なので、食べ応えは十分。パテやテリーヌはボリュームのある前菜として申し分ないメニューだ。リエットはバケットに塗って食べるとおいしく、ハムやサラミなどはオードブルに入れるとちょっと豪華になる。
そして、なんといってもどんなお酒にも合うところも大きな魅力だ。お肉の旨みが凝縮されたシャルキュトリーは、赤・白・ロゼワインやスパークリングワインはもちろんのこと、ビールやウイスキーなどにもピッタリ。ここ数年来、バル業態が市民権を得てきたことで、日常的にワインと一緒に生ハムやテリーヌを楽しむようになり、シャルキュトリーは家飲みやホームパーティーを華やかにするメニューとしても取り入れられるようになったのだ。
お肉をシンプルな調理法で味わうのもいいが、時間と手間をかけてお肉をおいしくするシャルキュトリーの味わいはまた格別なもの。お酒とお肉の新たな楽しみ方として、シャルキュトリーを味わってみては?

前のページへ戻る

ピックアップ