おいしく楽しくお肉を食べよう!
  • 特選お肉レシピ
  • なるほどコラム
  • お肉料理のノウハウ
  • もっと知りたい!お肉のこと
  • 心をこめて食卓へニッポンハムグループ

なるほどコラム

日本人の口に合う「ジョージア料理」

コーカサス地方のジョージアは、日本との共通点もあり、料理も日本で受け入れられそうなものがいろいろあります。

お肉をおいしく食べるノウハウが豊富

イラストレーション/漆原冬児

「ジョージアなんて遠すぎるし、まったくの異文化でしょ?」なんて思っていないだろうか。実はけっこう共通点が多いのだ。たとえば、四季があって温泉が多い。日本人がジョージアに行ったとしても住みやすく、移住も増えているという。あと、長寿の国でもある。あとは……、ジョージア出身の力士・栃ノ心、臥牙丸も日本で活躍している!
料理については、スパイシーでありつつも、牧畜文化が盛んなのでチーズや乳製品がよく使われている。だから、スパイシーさもまろやかになり、日本人の口に合う料理になるのだ。また、牛肉や独特の香りを持つラム肉に合わせるなど、香辛料を活かしてお肉をおいしく食べるノウハウが詰まっているのがジョージア料理。その奥義はぜひ日本でもマネしてみたいものだ。

ジョージア料理に欠かせない「ヒンカリ」と「タバカ」

お肉をおいしく食べるジョージア料理のひとつに、「ヒンカリ」がある。これはいわゆる小籠包だが、私たちがイメージする小籠包より、確実に大きい!強力粉で作った皮はかなり分厚く、上をぐるっとひとひねりしている。しかし、ひねった部分はかたいので食べないらしい。具は、ひき肉や玉ねぎがオーソドックスで、あとはじゃがいもやきのこ、チーズを入れることもある。もちろん中は肉汁に満たされているので、食べるときは要注意。巨大な小籠包を持ち上げて、ずずずーっと吸い上げる必要がある。
「タバカ」は、骨付き鶏肉から骨をとってこんがりと焼き上げ、甘酸っぱいプラムのソース「トマケリソース」をかけて食べるもの。これも、鶏肉のおいしさをシンプルに引き出したジョージア料理だ。
ジョージア料理は、自然派ワインや天然の炭酸水の人気もあいまって、さまざまな側面から日本における注目度が高まっている。また、日本人にもなじみのあるハーブやナッツといった食材を独自にアレンジして調理するなど、意外な発見もある。それらが日本人を惹きつける要因なのかもしれない。

前のページへ戻る

ピックアップ