おいしく楽しくお肉を食べよう!
  • 特選お肉レシピ
  • なるほどコラム
  • お肉料理のノウハウ
  • もっと知りたい!お肉のこと
  • 心をこめて食卓へニッポンハムグループ

情報と雑学

チキン南蛮 美味しさの秘密

チキン南蛮は、九州の鶏肉文化を背景に生まれたメニュー。地元の人に親しまれ、たちまち人気を博すようになりました。

鶏肉大国のソウルフード!宮崎県延岡市で誕生

今では全国区のメニューとなっているチキン南蛮ですが、発祥は宮崎県の延岡市というのが定説。洋食店のまかない料理として、鶏むね肉に衣をつけて揚げるチキン南蛮が誕生し、それと並行する形で、現在のようなタルタルソースをかける形のチキン南蛮が成立したと言われています。そして、時は昭和40年代。高度経済成長の真っただ中、家族での外食がご馳走だった時代、外食メニューとして登場しはじめ、多くの人に親しまれるようになったのでしょう。九州は鶏肉文化でもあり、メニューとして浸透するにつれて、今では延岡市のソウルフードにもなっています。
平成21年7月8日には延岡市が「チキン南蛮発祥の地」を宣言。7月8日を、7と8にちなんで「チキン南蛮の日」と制定し、町おこしに一役かっています。

鶏むね肉で作り、卵をまとわせて揚げるのがコツ

鶏肉を揚げるという点では、「から揚げ」や同じ九州の「とり天」とも共通するのですが、チキン南蛮の大きな違いは、衣に卵を加えること。しっかりと衣をつけるために、小麦粉に卵を入れて衣を作る、あるいは小麦粉をはたいてから卵にくぐらせるといった方法で調理をします。がっしりと厚めについた衣をカラッと揚げて、サクッと軽い口当たりに仕上げることが、チキン南蛮のおいしさを左右するといっても過言ではありません。衣に卵が入るとほどよく色がつき、そのきれいなきつね色が食欲をそそります。また、使う鶏肉はむね肉が主流。厚めの衣に甘酢+タルタルソースで、食べ応えのある味つけになるため、お肉はさっぱりとしたむね肉が選ばれているようです。

甘酢とタルタルソースが味のバランスを整える

チキン南蛮は、揚げたチキンに甘酢をからめ、タルタルソースをかけるのが定番です。甘酢はあらかじめ作っておきますが、甘酢にチキンを熱いうちにからめると、味がよくなじみます。あまり漬けこみすぎると衣がはがれてしまうので、さっとくぐらせる程度がおすすめです。
タルタルソースとは、みじん切りにした野菜とマヨネーズなどを和えたもの。市販のものではなく手作りするなら、作ってから少し時間をおいたほうが全体に味がなじみます。もし、さっぱりしたタルタルソースが好みなら、マヨネーズにヨーグルトを加えるなどアレンジもできます。フライ料理などにも合うソースです。
甘みと酸味、香ばしい衣とクリーミーなソースのバランスが整ったチキン南蛮。家庭でも楽しんでいただきたいものです。

特選お肉レシピ 一覧

  • vol.42熱々の麺とお肉でパワーチャージ!「肉麺」/豚肉レシピvol.42 熱々の麺とお肉でパワーチャージ!「肉麺」/豚肉レシピ
  • vol.41ハッシュドビーフパスタグラタン/牛肉レシピvol.41 ハッシュドビーフパスタグラタン/牛肉レシピ
  • vol.40豚肉とかぼちゃのミルフィーユ鍋/豚肉レシピvol.40 豚肉とかぼちゃのミルフィーユ鍋/豚肉レシピ

ピックアップ