おいしく楽しくお肉を食べよう!
  • 特選お肉レシピ
  • なるほどコラム
  • お肉料理のノウハウ
  • もっと知りたい!お肉のこと
  • 心をこめて食卓へニッポンハムグループ

情報と雑学

ハロウィンを楽しもう いろいろ豆知識

ハロウィンはアイルランド発祥の行事

10月31日はハロウィンの日。日本でもすっかりおなじみのイベントになりました。ハロウィンを「仮装イベント」と思う人もいるかもしれませんが、これは秋の収穫を祝う行事です。そして、ハロウィンはアメリカの行事だと思われがちですが、これも違います。もともとは、古代ヨーロッパの原住民であるケルト人たちのお祭りが起源とされています。ケルト人がいたのは、今でいうアイルランドで、アイルランド人がアメリカに移住したときにこの行事を伝えたとされています。
ケルト人のお祭りが10月31日に行われていたので、ハロウィンもこの日になっています。10月31日という日は、ケルト人にとって1年の終わり、日本人にとっての大みそかなんですね。一年の最後の日には、先祖の霊が戻ってくるとされているのですが、それと同時に悪い霊も戻ってくるとされていました。そこで、ご先祖さまの霊を供養するとともに、悪い霊を追い出そうと、人々は仮面をかぶったり魔除けの火を焚いたりしたのです。ハロウィンで、かぼちゃのランタンにろうそくで火をつけるのは、この意味からきているのですね。

本場のアイルランドではかぼちゃよりじゃがいも

ハロウィンの料理といえば、かぼちゃやりんご。これは、この時期に収穫される食材使う料理を食すという食文化からくるものです。かぼちゃのスープやパンプキンパイ、キャラメルアップル、またナッツなどをハロウィン仕様に飾り付けて楽しむのが定番です。メインはお肉とかぼちゃを合わせた料理にすると、食べ応えもあり、ハロウィン気分も一気に盛り上がります。
一方、ハロウィンの起源とされているアイルランドの主食はじゃがいも。じゃがいもの料理はお祝い料理でもあるので、ハロウィンでも食されます。 野菜や香草を混ぜたマッシュポテトを牛乳やクリームで煮込んだコルカノンは、家庭料理であり、ハロウィンの食卓にものぼります。また、じゃがいものパンケーキであるボクスティ。コルカノンとともに家庭料理です。
バーンブラックという、ドライフルーツが入ったケーキには、中に指輪やコインを隠し入れておいて、宝探しのように楽しみながら食べるようです。ゆで卵を半分にカットして黄身をくりぬき、味付けをした黄身を白身の中に戻すデビルエッグは、飾り付けが楽しい一品です。

特選お肉レシピ 一覧

  • vol.39豚肉たっぷりお好み焼き/豚肉レシピvol.39 豚肉たっぷりお好み焼き/豚肉レシピ
  • vol.38牛肉のわさび風味サンド/牛肉レシピvol.38 牛肉のわさび風味サンド/牛肉レシピ
  • vol.37韓国風のり巻き/牛肉レシピvol.37 韓国風のり巻き/牛肉レシピ

ピックアップ