TOP>社員を知る>社員紹介

社員紹介

MK
日本ハムビジネスエキスパート株式会社
MK
東京経理サービス部 東日本加工事業G
2014年入社
経営学部会計ファイナンス学科
このような仕事をしています
日本ハム株式会社及びグループ会社の経理業務を受託しています。 主な業務は会計伝票のチェック、承認です。 例えば、お客様が作成された会計伝票が請求書や領収書の金額と合っているか、勘定科目や支払日は適切かなどををチェックし、承認しています。 もちろん疑問点などがあった場合にはお客様に電話やメールでお伺いします。 また会計伝票の作成方法についてのお問合せを受けることもあり、お客様との関わりも多いです。 他にも四半期決算業務や請求書の発行、処理が終わった会計伝票を整理しファイルに綴じるといった作業など仕事内容は多岐に渡ります。
入社理由
ビジネスエキスパートでは1社だけでなく、多くの会社の経理に携わることができ、専門性を高められると感じました。
また入社試験の面接では志望理由等だけでなく雑談も交えた優しい雰囲気であったことや、私に興味を持って話を聞いてくれているという事が伝わってきて、他社の面接では無かった「楽しさ」を感じることができたのでこの会社に決めました。
ビジネスエキスパートは風通しの良い職場作りに力を入れているので上司との距離も近く、なんでも相談できることや定期的な面談等で入社後の不安に対するフォローもしてもらえるので、人(従業員)を大切にしてくれる会社だと感じています。
仕事のやりがい
経理業務は会計伝票を黙々と処理するというイメージを持たれがちですが、お客様とのコミュニケーションも重要となります。
例えばお客様にとってどんな処理を最優先で進めて欲しいのかというニーズは様々です。
私はそれらを日常のコミュニケーションの中で汲み取り業務に反映させていくことで、お客様とってビジネスエキスパートが近い存在になれるよう心掛けています。
私も担当し始めた頃は「あまり頼られていない?」と感じることも多かったですが、今では色んな相談をして頂けたり、「お任せして良かったです」とお褒めの言葉を頂けたり、少しでもお客様に貢献できていると感じたときに一番やりがいを感じます。
学生へのメッセージ
就職活動はどちらかというと辛いことの方が多いように思います。
だからこそ「内定が貰えるならどこでもいいや」と思ってしまうこともあるかもしれませんが、妥協せず、自分がこれから頑張っていきたいと思える会社に出会えるまで諦めないでください。
私も面接の失敗が続いたときは自分が否定されているようで落ち込んだりもしましたが、それでも諦めず前を向き続けたことで今の会社に出会えています。
社会人1年目はパワーに溢れ、新しい出会いもあり、一番楽しいときとも言えます。
その時間はぜひとも自分が頑張りたいと思った会社で過ごしてください。

キャリアステップ

2014年~2015年
新入社員1人1人にOJT担当者が付き、
メールのやり取りから電話対応といった社会人としての基礎から
会計伝票チェック、承認の方法などの本格的な業務まで1から教わります。
2015年~現在
日本ハム㈱デリ商品事業部を担当しています。
最初は会計伝票処理だけでしたが、
今は入金処理や請求書発行、月次決算から四半期決算まで
幅広く業務を行っています。
今後の目標
今後は関係会社の経理を担当していきたいです。
今まで学んできた事を生かし、より専門性を高め、
主担当になれるよう努力していきたいです。

ある1日のスケジュール

8:45 朝礼
9:00 メールチェック
1日のスケジュール確認
10:00 会計伝票チェック、承認
12:00 お昼休憩
13:00 会計伝票チェック、承認
15:00 支払処理準備
16:00 支払伝票の作成
16:30 処理済み会計伝票のファイリング
17:34 終業

この社員が働いている企業

日本ハムビジネスエキスパート株式会社
日本ハムビジネスエキスパート株式会社

日本ハムビジネスエキスパートはニッポンハムグループ企業を対象にシステムの導入~運用、経理事務代行などのサービスでグループに貢献する会社です。日本ハムビジネスエキスパートはニッポンハムグループ企業のベストパートナーを目指します。

この企業で働く社員たち

日本ハムグループにエントリーする