TOP>社員を知る>社員紹介

社員紹介

YS
日本ハム東販売株式会社
YS
中部特販部 中部特販課
2017年入社
人間環境学部健康栄養学科(管理栄養士養成)
このような仕事をしています
私が現在担当しているのは、製パン会社、製パンベンダー企業です。コンビニエンスストアや量販店に並ぶ常温袋パンやサンドウィッチなどの調理パンの具材提案を資料やサンプルなどを持参し、各開発の皆様に対して商品提案をする等の営業を行っています。現在はどの売場においても、置かれているものは食パン、菓子パンが多く、比較すると惣菜パンは少ない現状です。また、定番メニュー<スポットメニューとして商品が導入されることが多い為、定番化を狙った商品導入や他社商品との置換、差別化を図った商品提案をしていくことを意識して営業に努めています。外回りの他に、課内業務として在庫管理や見積書・資料の作成等を行う為、先輩方を見習って1日のスケジュール管理をしっかりとできるように日々意識をして行動しています。
入社理由
私が日本ハム東販売(株)に入社を決めた理由は、「食べる喜び」を食を通して伝えるという企業理念が自分がしたい営業業務との考え方と合致したからです。私は、小さい頃から食べる事が大好きで、「食事をする時間」=「幸せな時間」と感じる人を増やしたいという強い想いがあり、管理栄養士を目指す大学へ進学しました。その為、自分の知識を生かして、メニュー提案や商品作りに貢献できる業務用商品や健康基軸商品にも力を入れている事を知った点も、入社を決めた大きな理由であったと思います。また、福利厚生面でも初めて一人暮らしをする為の寮費用負担額が少ない事や多数のグループ会社との関わりから多くの方との繋がりがあることで、自分の成長できる幅が広がると感じたからです。
仕事のやりがい
製パン関係のお得意先を担当していますが、スーパーやコンビニに自分が紹介した商品が導入され、メニューとして店舗販売されているのを見た際は「頑張って良かった」とやりがいを感じます。私が現在所属している特販課は、得意先に製パン、コンビニエンスストア、外食・新規開拓に大別されており、数ヵ月先の導入を見据える商品・メニュー提案が重要です。1人で得意先を担当するにあたって不安な事も多くありましたが、先輩方との同行を経て、商品を紹介し、導入に繋げる為には信頼関係の構築が最も大切であると感じた為、足を運び、話を直接する事を心掛けています。得意先からの要望に対してもスピードを重視して行動することで、「このような商品を探しているんだけど日本ハムさんにないかな」「○/○から導入が決まったよ」と連絡の来る回数が増え、頑張った分が結果になる度、やりがいを感じています。
学生へのメッセージ
就活活動中は、周りの友達と比較してしまうこと、自分が挑戦したい仕事が分からなくなる等、先が見えない決断に不安でいっぱいになると思います。ですが、それが正解だと思います。その中でも私が一番大切にしていたのは、「自分らしさ」です。説明会や面接など様々な就職活動があると思いますが、自分の想いや今までの行動をしっかりと伝えて、1度きりのその場を後悔しないように挑んで欲しいです。自分の事を自分と他人の意見から評価してみるのも面白いですし、足を運べる説明会は何度も行くなど、自分らしさはどんな形でも良いと思います。辛い時期もあると思いますが、諦めずに前に進むことで現在の会社で頑張れています。必ず次に繋がるので、沢山悩んで、休む時は休んで、自分が成長できるこの時期を大切に過ごしてください。応援しています。

キャリアステップ

2017年~2018年
入社。2ヵ月の研修を経て、6月から中部特販課に配属。6月~10月までの4ヵ月間は先輩方との同行を重ね、商談のコツや課内業務等の特販業務について学んだ後、1人で担当得意先を持ち、営業活動に励みました。
2018年~現在
毎日のように得意先に通ったことで、信頼関係の基盤が出来上がり、提案した商品が導入することが増えました。1人で出来る業務が増え、日々スピードを持った対応を心掛けて、業務を行っています。
今後の目標
「日本ハム」ブランドだけではなく、「横山さんなら信頼できる」というお得意先の心までを掴んだ営業活動を目指していきます。地区の数字を意識して、計画性のある行動を行い、頼られる営業を目指します。

ある1日のスケジュール

8:45 出社:
メール確認、サンプル依頼申請等。
9:00 始業:
全体朝礼。課内朝礼。
1日のスケジュール確認し、やるべき事の優先順位を確認します。                            
9:30 在庫確認:
各得意先からの受注を受け、商品入荷数・在庫数等の確認を行います。
納品日に欠品が起こらないよう、毎日在庫管理を行っています。

アポイントメントの電話:
来週以降の商談予定を組み立てます。
11:00 ①商談 (製パン工場)
前回の商談で頂いた宿題に対しての返答を行い、得意先の近況や現在必要としている
商品情報等を収集します。毎月更新されるパンメニュー提案商品資料を用いて、
期間メニューや半年先のメニュー提案を行います。
12:30 昼食・移動。
14:00 ②商談(ベンダー)
前回の商談で頂いた宿題に対しての返答を行い、製パン工場からの情報共有や
現在必要としている商品情報やその先の得意先がどのようなメニューを求めているか等を収集します。
近日導入商品の詳細や日々の売上食数についても確認します。
15:30 MR:
コンビニエンスストア・量販店に立ち寄り、導入商品や注目メニューなどを確認。定番メニューになっている商品はどこの製パン会社が製造しているのか、どんなメニューが売れているのか等の情報を収集します。(得意先や先輩からの情報で足を運んだりします。)
16:00 帰社:
メール確認。
16:30 課内業務:
翌日以降の商談資料準備。
得意先からのサンプル依頼やカルテ作成依頼等、期日までに必ず提出できるように
計画を立てて対応します。
17:30 毎日の業務:
業務日報(商談状況の報告)を記録します。帰社前には、明日やるべき事を紙に書いて
整理する等して無駄な行動が発生しないように心掛けています。
18:00 退社

この社員が働いている企業

日本ハム東販売株式会社
日本ハム東販売株式会社

当社は関東、東北、北陸、東海エリアの生活者のみなさまへ、おなじみのシャウエッセンや外食向け商品など、ニッポンハムグループの様々な商品をスピーディーに提案・供給しております。営業活動では最新の食のトレンドと触れる事ができ、また、作り出すことも出来るエキサイティングな環境です!一緒に人々の食べる喜びを創造しませんか?

この企業で働く社員たち

日本ハムグループにエントリーする