羊肉の基礎知識

肉は部位によって特徴があるので、適した調理法もそれぞれ。特徴を活かしたおいしさを味わうことで、よりお肉料理を楽しむことができます。

肉の部位一覧

ロース

ロース

牛肉でいうとロースに当たる部分。肉質はとてもやわらかく、羊肉の中でも最上の部位。ローストやステーキに適しています。骨付きロースは「フレンチラック」と呼ばれていて、これを肋骨ごとにカットしたものが「ラムチョップ」です。

肩ロース

肩ロース

赤身と脂肪のバランスがよく、旨味のある部位。やわらかくて食べやすいので、厚切りのステーキや焼き肉などでおいしく食べられます。

肩

脂肪が多く羊肉特有のにおいがあるので、脂肪を取り除いてから調理します。筋が多く肉質がかためなのでしっかり筋切りをし、煮込み料理にするのがおすすめです。

モモ

モモ

最も脂肪が少ないので、あっさりとして食べやすい部位です。やわらかい部分はステーキやローストに適していて、かたい部分は煮込み料理に用いられます。

バラ

バラ

お腹の部分の肉で、脂肪分が多めです。煮込み料理に適していて、その他加工用にも使われる部位です。日本では、それほど多く流通していません。