豚肉の基礎知識

肉は部位によって特徴があるので、適した調理法もそれぞれ。特徴を活かしたおいしさを味わうことで、よりお肉料理を楽しむことができます。

肉の部位一覧

肩

よく運動する部位なので、肉のきめがやや粗く、少しかためで赤身の多いのが特徴です。煮込料理に適しています。長時間煮込むと、コラーゲンたっぷりの旨味が出ます。

肩ロース

肩ロース

赤身の中に脂肪が粗く混ざり、豚肉特有のコクと香りがあります。ひき肉、角切り、薄切りなどでいろいろな料理に利用されます。しょうが焼きや酢豚にも適しています。

ロース

ロース

肉のきめが細かく柔らかい部位で、適度な脂肪が特徴。脂肪に旨味があるので取り除きすぎないようにします。ポークソテーやローストポークのような料理に適しています。

ヒレ

ヒレ

肉量が少なく貴重な部位で、豚肉の中で最上の部位と言われます。脂肪が少なく淡泊な味なので、トンカツやソテーなど油を使った料理でおいしく食べられます。

バラ

バラ

肉質は柔らかく、赤身と脂肪が層になっています。骨付きはスペアリブと呼ばれ、バーベキューで楽しまれます。また角煮や焼き豚などの煮込み料理や、薄切りにして炒め物にするのにも適しています。

モモ

モモ

筋肉の多い赤身の代表的な部位です。全体的に脂肪が少なく、肉質はきめ細やかでやわらかい。塊のままローストポークにしたり、焼き豚にもおすすめです。よりお尻に近いそとモモは、肉質がかたくきめがやや粗いので、薄切りにしたり小さくカットして豚汁にするとおいしいです。