豚肉の基礎知識

私たちが食べる豚肉は、主に6品種の豚による掛け合わせです。よく目にする三元豚とは、三品種の豚の交配によって生まれた豚のこと。ここでは、各品種について紹介します。

ランドレース

ランドレース

大型で、毛色は白。日本の豚肉の主要な品種で、飼育頭数も多くなっています。

大ヨークシャー

大ヨークシャー

大型で、毛色は白。赤身と脂身の割合がよく、加工用全般に適しています。

中ヨークシャー

中ヨークシャー

中型で、毛色は白。飼育頭数が減少していますが、肉質が優れている品種です。

デュロック

デュロック

大型に近く、毛色は褐色。成長が早いのが特徴です。きれいなサシ(霜降り)が入っています。

バークシャー

バークシャー

中型で、毛色は黒のいわゆる黒豚。飼育期間が長く肉の量が少ないのですが、肉質の良さが特徴です。

ハンプシャー

ハンプシャー

大型に近く、毛色は主に黒。肩から胸や前肢にかけて帯状に白い毛が入っています。赤身の肉質が良い品種です。

写真提供
(社)日本養豚協会