美ノ国(うつくしのくに)

熟成製法

一週間以上かけてじっくり熟成させ、甘い香り、旨みを引き出します。

素材の旨味や香りを引き出すため、『美ノ国』では、時間をかけて「熟成」させています。手間ひまかけて熟成させることで、『美ノ国』の甘い香りが熟成されるのです。

一週間以上費すハムの熟成過程では、低温での長期間保管を必要とするので、肉が固くなりがちです。そこで、食感や味つけを均等に行き渡らせるために、何度も「手返し」をして肉に刺激を与えます。そこでは、調味液や肉の状態のチェックを兼ねるため、肉を熟知した従業員の経験が重要です。

画像この熟成を終えると、肉がぐっと締まり、旨みを蓄えた状態になります。肉の断面の、手が吸いつくようなしっとりとした感触もその透明感が特長です。

ピックアップ