みんなの食卓
最新のニュース
商品ラインナップ
安心の検査体制
食物アレルギーQ&A
取扱店舗
 
東北日本ハム みんなの田んぼ
 
お問い合わせ先 日本ハムお客様サービス室 0120-312053
 
食物アレルギーQ&A
  みんなの食卓シリーズについての疑問にお答えします。
これ以外のお問い合わせについては、お客様相談窓口へどうぞ。
 
アレルゲンの表示制度について詳しく教えてください
 
平成20年6月3日より、食物アレルギーの原因になりやすい「乳・卵・ 小麦・そば・落花生」の5品目に「えび・かに」を加えた「乳・卵・小麦・ そば・落花生・えび・かに」の7品目について原材料表示が義務付けられま した。
また、同時にこれに準じる大豆などの20品目の表示が推奨されています。ニッポンハムグループでは、27品目すべてについて表示を行っています。
(詳しくは食物アレルギーねっとを参照ください。)
   
 
大豆は使用していますか?
 
大豆は、お困りの方が比較的多いアレルゲンであり、みんなの食卓シリーズは、 特定原材料7品目(乳・卵・小麦・そば・落花生・えび・かに)と同様、原材料として大豆の使用は行っておりません。
(原材料の選定や品質管理には万全を期しておりますが、症状の重篤な方は、医師に相談の上召し上がりください。)
   
 
その他表示が推奨されている20品目については使用していますか?
 
「豚肉」のみ、使用しています。
   
 
どうして通常商品に近い価格で販売できるのですか?
 
みんなの食卓は、アレルギー物質の混入を防ぐための生産管理や品質管理を行っている関係で、若干のコストアップになっています。
しかし、最もコストのかかる検査コストを、グループ内で開発したキットを用いて行っているためコストを抑えられています。ご利用いただく方が増えると更にコストダウンになりますので、ご利用をお願いします。
   
 
利用したいのですが、どこで販売していますか?
 
扱いチェーンにつきましては、取扱店舗ページに紹介していますので、そちらをご参照ください。
   
 
子供が食物アレルギーなので症状について相談したいのですが
 
弊社は食品会社ですので、医師法などの関係でご相談に応じることはできません。日本ハムの食物アレルギーねっとに、アレルギー学会のホームページとのリンクがありますので、そちらのサイトからご近所の専門医が検索できますので専門医にご相談ください。
   

食物アレルギーねっと