トップメッセージ : 日本でNo.1の食肉企業としての使命を果たし、真のグローバル企業になるために。日本ハム株式会社 代表取締役社長 末澤 壽一 1976年(昭和51年)神戸大卒、日本ハム入社。2011年執行役員、その後取締役を経て、2015年より現職。大阪府出身。

ニッポンハムグループは、企業理念に「食べる喜び」を基本のテーマとして掲げています。「食べる喜び」とは食を通してもたらされる「おいしさの感動」と「健康の喜び」を表しており、これは、人々の幸せな生活の原点だと考えています。

ハム・ソーセージの製造から始まった私たちニッポンハムグループの事業は、いまでは食肉をはじめ、加工食品、水産品、乳製品、天然系調味料、健康食品など、食に関するあらゆる分野へと広がっています。

その一方で、創業から変わらないものもあります。おいしさの感動と健康の喜びを、世界の人々と分かち合うこと。 生命(いのち)の恵みを大切にし、品質に一切の妥協をしないこと。時代に先駆け、食の新たな可能性を切り拓いていくこと。これは、「世界で一番の『食べる喜び』をお届けする会社になりたい」という私たちが、グループブランドに込めた思いであり、お客さまへの約束でもあります。

これからも、世界で一番の「食べる喜び」をお届けする会社になるため、企業理念を実践し、グループブランドステートメントである「人輝く、食の未来」の実現を目指します。

皆様には、今後とも変わらぬご理解とご支援をお願い申し上げます。