※ニュースリリース掲載時点の情報となります。今後、変更となる場合もありますのでご了承ください。

メールマガジンのご登録はこちら

2019年 ニュースリリース

2019年7月10日
日本ハム株式会社

北海道日本ハムファイターズ 稲葉篤紀SCOが特別講師に
ニッポンハムグループ「食とスポーツ出前授業」実施のご報告
実施日:2019年7月9日(火) 開催場所:苫小牧市立清水小学校

21177_ext_05_0.jpg

日本ハム株式会社(本社:大阪市北区、社長:畑 佳秀)は、ニッポンハムグループ「食とスポーツ出前授業」を2019年7月9日(火)に苫小牧市立清水小学校にて実施いたしました。昨年は「ニッポンハムレディスクラシック2018」の開催地である函館市内の小学校にて同授業を実施し、本年は「ニッポンハムレディスクラシック2019」(開催期間:7月11日~14日)に合わせ、開催地である苫小牧市内の小学校で出前授業を開催しました。

運動機会の減少による子どもたちの体力低下や、朝食の欠食率上昇という社会的課題解決に貢献することを目的に、子どもたちへの授業を実施しました。授業では、子どもたちに食に対する正しい知識を伝え、体を動かす楽しさを伝えるプログラムにしました。これまで食の面でファイターズの選手をサポートしてきた経験を活かして、ニッポンハムらしい社会貢献が出来れば、との思いで本授業を実施しました。

当日は同校の5~6年生を対象に、2つのプログラム「体を動かす授業」「食育授業」を行いました。北海道日本ハムファイターズのベースボールアカデミーコーチ・牧谷宇佐美氏と、特別講師スポーツ・コミュニティー・オフィサー(以下、SCO)・稲葉篤紀氏は「体を動かす授業」でバランスやチームワークの大切さを、弊社中央研究所の管理栄養士・八巻法子氏は「食育授業」でバランスよく食べる大切さを伝えました。また、3名の講師も子どもたちと一緒に同じメニュー(みそラーメンとカニ玉、牛乳)の給食を楽しみました。子どもたちからは「好き嫌いなくたくさん食べようと思う」「緊張していたけど楽しかった。これからも運動を頑張ります」といった感想がありました。最後に稲葉SCOから「朝食などの食事を抜くと体力・学力などにも差が出てくると言われているので、食べることの大事さを子どもたちに伝えていきたい」とコメントされました。

実施概要や各講師の紹介は下記に記載しております。

実施校

苫小牧市立 清水小学校
住所:苫小牧市清水町2丁目10-16

対象

小学校5~6年生(90名)
※5年生35名、6年生48名、特別学級7名

実施プログラム

体を動かす授業
講師・・・稲葉SCO、牧谷コーチ
バランス運動、運動プログラム(チーム対抗戦で5mダッシュ・平均台・前転などを実施)、6人チームで輪くぐり

食育授業
講師・・・八巻管理栄養士
テーマ『3つの「さん」』

使用資料はこちら PDF [13.5 MB / 20ページ]
 

21177_ext_20_2.jpg

21177_ext_23_2.jpg

21177_ext_20_7.jpg

21177_ext_23_7.jpg

21177_ext_20_8.jpg

21177_ext_23_8.jpg

講師プロフィール

稲葉 篤紀(いなば あつのり)北海道日本ハムファイターズ SCO

1994年ドラフト3位でヤクルト入団。ヤクルト在籍10年間で3度の日本一に貢献し、2004年オフにFA宣言をへて、北海道日本ハムファイターズへ移籍。
移籍2年目の2006年には、打率.307、26本塁打で北海道日本ハムファイターズ誕生後初の日本一に貢献。2007年には、首位打者、最多安打でチーム初の連覇に貢献。2012年、通算2,000本安打を達成。日本ハム在籍10年間で4度のリーグ優勝に貢献し、2014年で現役引退。

牧谷 宇佐美(まきたに うさみ)北海道日本ハムファイターズ ベースボールアカデミーコーチ

旭川実業高校時代は投手として最速145kmの速球を投げ、プロから注目される。1998年ドラフト2位でヤクルト入団。3年目から野手に転向し、イースタン・リーグでは最多安打、打点ランキング2位に名を連ねる。2009年に退団、地元北海道に戻り、アカデミーコーチとして後進の指導にあたっている。現在は、NPO北海道野球協議会に籍を置き、子どもたちの未来に夢と感動を与えていく活動に取り組んでいる。

八巻 法子(やまき のりこ)日本ハム株式会社 中央研究所 管理栄養士/公認スポーツ栄養士、北海道日本ハムファイターズ栄養サポート担当

弊社中央研究所は、北海道日本ハムファイターズの高校卒業4年目、大学卒業2年目までの選手を対象に栄養サポートを実施している。
選手が自身の目標に合わせ、いつでもどこでも自分に必要な食事を選択できるよう、食事・栄養情報の開発、カウンセリングに注力。選手との対話、一緒にサポートを行うトレーナーや調理スタッフとの対話を大切にする。栄養サポート業務の他、レシピ考案や料理教室などの食育活動も担当。

関連書籍
「北海道日本ハムファイターズの寮ごはん」宝島社
「1週間3,000円使い切り春夏秋冬ヘルシー献立」学研パブリッシング
「北海道日本ハムファイターズの応援ご飯」女子栄養大学出版部
「北海道日本ハムファイターズの食事術」同上

『ニッポンハムレディスクラシック』とは

2016年より開始した、弊社主催の女子プロゴルフトーナメントです。同年3月に北海道新幹線が開通し、ますます北海道を訪れる方が増えていくことを考え、数多くの弊社事業拠点がある北海道をさらに盛り上げていきたいという願いのもと、本大会の開催が実現しました。2016年より3年間は函館市内の「アンビックス函館倶楽部」で開催し、今年は苫小牧市内の「桂ゴルフ倶楽部」で開催します。賞金総額は1億円で、過去の優勝者には葭葉(よしば)ルミ(2016年)、イ ミニョン(2017年)、アン ソンジュ(2018年)と名だたる選手がいます。

企業情報

  • 企業情報

関連ページ

  • IRニュース
  • CSRレポート
  • お客様相談窓口