Episode Story 05 生命の恵みを、ブランドに。

ニッポンハムグループは、牛・豚・鶏といった生命を自ら育み、その生命の恵みを余すことなく大切にしながら、安全・安心でおいしい商品へと変えている。
インターファームは、ニッポンハムグループの根幹である豚を生産飼育する企業。業界で唯一、日本全国に養豚場を展開し、定番商品からプレミアム商品まで、様々な商品に活用される豚を年間約60万頭出荷している。その肉豚出荷頭数は全国一、また、国内シェアも№1の、日本最大の養豚会社である。
数や規模だけではない。安全・安心でおいしい豚肉の供給に努め、2005年には、食肉の安全性と品質基準を守る外部認証機関SGSより、国内の養豚場で初めてSQF(safe quality food)※という認証を取得。また、「けんこう豚」というブランドも展開している。
この飼育に携わっているのが、前野である。
※SQFは安全で高品質な食品を意味し、安全を確保するHACCPの手法と品質管理システムであるISO9001の要素が取り入れられた国際規格です。第三者の審査機関によって定期的な審査が義務付けられ、1年に1度再認証登録が行われることで、信頼性が保証されています。

肉質を決める「育成後期」を担当。

私がいる横浜F農場では総飼養頭数32,000頭の豚を、隣の横浜E農場では24,500頭を飼育しており、そこでは現在、93名が働いています。
生産部門は、交配、分娩、育成、肥育の4つに分かれています。私は、このうち育成を担当。見ているのは、日令47日から95日までの豚です。この時期は「育成後期」にあたり、肉・骨が形成され、おいしい肉の基礎ができる時期。肉の細胞が一番増え、肉の質が決まる時期にあたるため責任は重大です。私は、2014年から、この育成後期を担当するようになりました。

農場に入る前は必ずシャワー。

養豚場の勤務は、朝8時に始まります。農場に入る前には、必ずシャワー。エアシャワーではなく、本物のシャワーを浴びます。また、衣類は農場専用のものを着用します。ここまで衛生管理を徹底する農場は、とても少ないと聞いています。
豚を健康的に育てるための環境を整備、豚の健康を日々守りながら、育てていくのが私の仕事です。環境とは、具体的には、新鮮な空気、水、エサを指します。例えば、空調設備の調整や、温度・湿度を管理、きれいな空気を保ったり。また、給水器からいつでも新鮮な水が供給されているか、エサ箱に適量のエサが常に供給されているかなどを確認・調整したり。体調を崩す豚がいれば治療もします。

豚舎に入ったときの反応で豚の健康が分かる。

日々、気を付けているのは、何といっても豚の健康状態。一番分かるのは、豚舎に入ったときの反応です。ばっと走り始めれば健康、山なりに固まっていたら室内が寒い、豚の体がドロドロに汚れていれば、逆に暑いということ。もちろん、前日に天気予想図は必ずチェックして、環境を整えるようにしていますが、気象や温度の条件は日々変わりますからね。その日・その時の状態を実際に見て、暖房器具や空調、窓の開閉などを行い、ベストな状態にしていきます。

元気な豚が出荷されるという達成感。

生き物が好きなので、豚に関わるだけでやりがいは感じますが、出荷のとき、元気で丸々太った豚が出荷されると達成感を覚えます。私たちの仕事は、それがゴールですからね。逆に、あまり元気そうでない豚が出荷されると、自分の担当する育成期間で何か問題があったのかなと考えてしまいます。もっと良くしていかなければ、と気が引き締まります。

先輩が守ってきたものの重さを感じたSQF。

毎日豚の飼育を行う傍ら、2010年にはSQF担当になりました。1年間、認証機関が定めた通りに、豚が生育されているかをチェックするのが主な役割。例えば、毎月1回、エサのタンクをすべて空にして掃除しているか、あるいは、水がきちんと飲めているかなど、細かい点に至るまでチェックしていました。
2005年にSQFに認定されて以来、こうしてチェックしてきたおかげで、農場全体で高い安全意識を持ち、高品質の生産が継続することができています。定例会議に初めて参加したときは、今まで先輩が守ってきたものの重さを感じましたね。また、会議や活動を通じて、日々の作業で、なぜ、この作業をしなければならないか、初めて本当の意図や意義を理解できました。貴重な経験でしたね。担当を外れた今も、このとき得た知識をもとに、後輩を指導、知識を継承しています。

「けんこう豚」には誇りを持っている。

私の農場では、「青森けんこう豚」というブランドを東北県内のエリアに出荷しています。「けんこう豚」の産地は北海道、青森限定。飼料にハーブを加えることで腸内環境を整えながら豚を飼育するため、肉には臭みが少なく食べやすいのが特徴です。
ブランドを名乗る以上、非常に厳しい管理のもとで生産しています。毎日、どんなエサ・薬剤・ワクチンを使ったかをチェック。成分がどれだけ残存するかなども細かく調べます。人の口に入ったときに影響が出ては大変ですからね。
私は「青森けんこう豚」に誇りを持っています。スーパーで見かけると、やっぱりうれしくなるし、一消費者として食べてもおいしいと思います。私のお勧めは、どんな調味料より、塩・胡椒だけで下味をつけ、焼いて食べること。

ブランドがなくなった東日本大震災。

だからこそ、東日本大震災のときのことは強烈に覚えています。
電気が止まってしまったので、いつものようにエサが自動で供給されません。だから、エサを袋に詰めて、タンクまでみんなで運びました。すぐに空になってしまうので、日に何度も。大変でしたが、そうしなければ、豚は死んでしまいますからね。
そのうち、普段与えているエサの在庫がなくなりそうになりました。上司が走り回って北海道から取り寄せ、ようやく確保したときは、すごくホッとしたのを覚えています。
けれど、そのエサは、「けんこう豚」で定められたエサではなかったんです。だから、ブランドとして出荷することはできません。豚に食べさせるために必死だったので仕方ないのですが、上司からその話を聞いたときは、本当にさびしかったし、残念でした。条件を満たすエサが供給されるようになり、そのエサでブランド専用飼料を含め170日間育て、豚が「青森けんこう豚」として出荷できたとき、初めて震災から元の日常に戻ったと感じました。

「食べ物」であるという意識。

震災までは、ただ豚を育てて出荷する事だけが私の仕事だと思っていた気がします。しかし震災時の経験を経て、自分の育てた豚は食べ物となって人の口に入っていくものだという事を、強く意識して仕事に臨むようになりました。消費者のみなさんの口に入る食べ物、それもブランドを扱うからこそ、細心の注意を払わなければならない。今まで以上に、そう強く意識するようになりました。私だけでなく、震災を機に、農場全体がその意識を強く持つようになったと感じています。
人が生きるために欠かせない食べ物。その食べ物を、ブランドを扱っているという自覚と誇りをもって、より一層食の安全と品質にこだわり、おいしいお肉を提供していこうと思います。また、その役割を自分が担っていることに、大きな責任とやりがいも感じています。

Profile : インターファーム株式会社 生産部 育成担当 2010年入社 前野 太郎
  • エントリー(初めての方)
  • 会社概要・募集要項

その他のストーリーを見る