※ニュースリリース掲載時点の情報となります。今後、変更となる場合もありますのでご了承ください。

メールマガジンのご登録はこちら

2016年 ニュースリリース

2016年1月29日
日本ハム株式会社

肉にこだわり!
「大麦牛ビーフカレー」「麦小町®ポークカレー」
2月1日(月)新発売

18737_ext_05_0.jpg

大麦牛ビーフカレー

18737_ext_05_1.jpg

麦小町ポークカレー

日本ハム株式会社(本社:大阪市北区、社長:末澤壽一)は2月1日(月)より、「大麦牛ビーフカレー」「麦小町ポークカレー」の2品を新発売します。

レトルトカレー市場は2011年3月以降の震災ストック需要、2014年3月の増税前駆け込み需要など、特需を繰り返しながらベースアップしています。
また、メリハリ型消費・こだわり消費増大の中で、高価格帯商品がこの5年間で伸長しており、市場好調を牽引しています。

このような市場動向より、レトルトカレー全体の売上拡大のために、日本ハムならではのブランド肉を使用し、ルウにも肉をとろけるまで煮込んでコクを出した、こだわりの高付加価値商品を投入します。

大麦牛ビーフカレー

《商品特長》
  • ニッポンハムグループ直営農場で育てた柔らかさが特長のオーストラリア産「大麦牛」使用。
  • すりおろしたまねぎ、にんじん等を使用し、とろけるまで牛肉を煮込んでコクを出したカレーです。
内容量 170g
希望小売価格 300円(税別)
保存方法 常温
販路 全国の量販店、食料品店など

麦小町ポークカレー

《商品特長》
  • 麦類、ハーブなどの植物性主体の飼料で育てられた国産豚肉「麦小町」使用。
  • すりおろしたまねぎ、にんじん等を使用し、とろけるまで豚肉を煮込んで味に深みを出しました。
内容量 170g
希望小売価格 300円(税別)
保存方法 常温
販路 全国の量販店、食料品店など

企業情報

  • 企業情報

関連ページ

  • IRニュース
  • CSRレポート
  • お客様相談窓口