第三者検証

ニッポンハムグループは、1998年に環境憲章を制定して以来、継続的に環境保全活動に努めてきました。これらの活動については、ウェブサイトやサステナビリティレポートといった媒体を通して、情報開示に努めています。

また、開示データの適切性については、温室効果ガス、使用したエネルギー量、使用した水資源の算定手法や算定範囲の適切性について、第三者検証を受審しています。

保証の範囲

対象項目

  • ステークホルダーマネジメントプロセス
  • 温室効果ガス:SCOPE1及び2(※1)、SCOPE3
  • エネルギー消費量
  • 水資源:取水量
  • 報告プロセスをサポートするマネジメントシステム
  • 1 対象ガス:二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素

対象期間

2020年4月1日~2021年3月31日

なお、項目はニッポンハムグループの国内の生産・製造事業所及び営業拠点、物流拠点、本社・支社、研究所の事業活動を範囲としています。

補足

定量的データの検証において現地確認対象となったサイト
日本ハムファクトリー(株)茨城工場、(株)宝幸 ロルフ大和プラント

ニッポンハムグループの温室効果ガス排出量(スコープ 1・2)の第三者検証結果

この表はスクロールしてご覧いただけます。

発生源 使用量、発生量 CO2排出量
(t-CO2
SCOPE1 ガソリン 625 L 1
灯油 15,095,514 L 40,070
軽油 28,096 L 73
A重油 21,785,881 L 59,032
液化石油ガス(LPG) 8,267,647 kg 24,794
液化天然ガス(LNG) 5,531,919 kg 14,951
都市ガス 23,088,096 m3 51,579
ガソリン(車両) 1,082,519 L 2,513
軽油(車両) 9,838,688 L 25,433
廃棄物 397,067 kg 1,013
メタン 1,120,946 kg 28,024
一酸化二窒素 340,121 kg 101,356
小計 348,839
SCOPE2 産業用蒸気以外、冷水、温水 19,847,477 MJ 1,131
電力量 ロケーションベース 584,608,477 kWh 274,766
マーケットベース 255,971
小計 ロケーションベース 275,897
マーケットベース 257,102
SCOPE1,2 合計 ロケーションベース 624,736
マーケットベース 605,941
  • Scope1、Scope2の温室効果ガス排出量は、毎年の温対法に定める各種係数を使用して算定。

ニッポンハムグループの温室効果ガス排出量(スコープ3)の第三者検証結果

カテゴリー GHG排出量(t、CO2換算量)
1. 購入した製品とサービス 8,894,219
2. 資本財 131,874
3. スコープ1・2に含まれない燃料及びエネルギー関連活動 82,033
4. 輸送、配送(上流) 756,667
5. 事業から出る廃棄物 33,522
6. 出張 2,789
7. 雇用者の通勤 59,207
8. リース資産(上流) 4,014
9. 輸送、配送(下流) 110,661
10. 販売した製品の加工 234,363
11. 販売した製品の使用 146,412
12. 販売した製品の廃棄 119,928
13. リース資産(下流) 該当なし
14. フランチャイズ 該当なし
15. 投資 該当なし
合計 10,575,689
  • Scope3は、サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドラインVer.2.3を元に、各カテゴリごとにシナリオを設定、算定を実施。算定に使用した原単位は下記を使用又は参考にしている。
  • 毎年の温対法に定める各種係数
  • サプライチェーンを通じた組織の温室効果ガス排出などの算定のための排出原単位データベース Ver.3.1

水資源

取水源取水量(m3
上水 2,154,133
工業用水 1,792,591
地下水 10,872,959
  • なお地下水の取水量については、生産部門において一部推計値を含みます。