サプライチェーンへの取り組み

基本的な考え方

企業理念の実現、また「CSRの5つの重要課題」の解決にあたっては、ニッポンハムグループが積極的に取り組みを推進するのみならず、サプライチェーンの皆様と共に取り組むことが、持続可能な社会の実現に向けて、より効果的であると考えています。

ニッポンハムグループCSR調達方針

ニッポンハムグループのサプライチェーンにおけるCSRの考え方を、より具体的にお示しするため、2017年4月、「ニッポンハムグループCSR調達方針」と具体的な指針を示した「ニッポンハムグループ CSR調達ガイドライン」を制定しました。

ニッポンハムグループCSR調達方針

ニッポンハムグループは、調達活動において、お取引先と信頼関係を構築し、共存・共栄を基本に、連携してCSR(企業の社会的責任)への取り組みを進めていきます。

  1. 法令・社会規範の遵守と態勢の構築
    私たちは、法令・社会規範を遵守します。加えて、遵守のための態勢を構築します。
  2. 商品・サービスの品質・安全性の確保
    私たちは、「ニッポンハムグループ品質方針」に則り、商品の安全性と品質の向上に努めます。
  3. 公正・公平な取引
    私たちは、品質・サービス・実績・価格・信頼性などを総合的に判断します。また、公正かつ公平な参入機会を設けます。
  4. 人権の尊重
    私たちは、国際的な人権に関する基準や考え方を重視し、尊重します。
  5. 労働における安全衛生
    私たちは、従業員が安心して働くことのできる安全な環境を整備します。
  6. 地球環境への配慮
    私たちは、「ニッポンハムグループ環境方針」に則り、持続可能な社会の実現に向けて、サプライチェーンにおける環境負荷低減に努めます。

ニッポンハムグループCSR調達ガイドライン

本ガイドラインの運用にあたって

今日、企業が社会及びステークホルダーに対する責任(CSR)を果たすことが期待されています。私たちは、その根本を、ニッポンハムグループを構成する一人ひとりの日々の行動にあると考えています。「ニッポンハムグループグローバル行動基準」は、そのあり方を示した基本となるものです。
本ガイドラインは、私たちが日頃実践する 「ニッポンハムグループグローバル行動基準」より調達に関連する内容を基に定めたものであり、ニッポンハムグループが商品・サービスを調達するにあたっての考え方を示したものです。
ニッポンハムグループは、「持続可能な社会」の実現に向けて取り組みを進めております。本ガイドラインを含め、ニッポンハムグループの取り組みにおきまして、お取引先の皆様にご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

1.法令・社会規範の遵守と態勢の構築

国と地域の法令・社会規範を遵守します。加えて、遵守のための態勢を構築します。

■法令の遵守と文化・慣習の尊重

  • 国際ルール及び様々な国と地域の法令・歴史・文化・慣習などを正しく理解し、その遵守と尊重に努めます。

■知的財産権の尊重

  • 自社の知的財産を有効活用するとともに、第三者の知的財産権を尊重し、侵害行為は行いません。

■政治、行政との健全な関係

  • 公務員及びそれに準ずるものに対する接待や贈答、社会の誤解を招くような付き合いはしません。

■反社会的勢力に対する対応

  • 社会の秩序や市民社会の安全に脅威を与えると考えられる反社会的勢力に対しては組織的な対応を行い、毅然とした態度で臨みます。

■情報の管理及び開示

  • 個人情報・営業秘密などの機密情報を厳重に管理し、その利用を適切に行います。また、お取引先より得た機密情報は、合意した利用条件においてのみ使用します。
  • インサイダー取引規制を遵守し、第三者から見てインサイダー取引と疑われるような行為はしません。
  • ステークホルダーと積極的にコミュニケーションを図り、説明責任を果します。

■社会貢献活動

  • 一企業市民として、社会や関係者の意見に耳を傾け、国際社会・地域社会の持続的な発展に貢献できるよう努めます。

2.商品・サービスの品質・安全性の確保

「ニッポンハムグループ品質方針」に則り、商品の安全性と品質の向上に努めます。

■原材料・資材・商品の安全性の確保

  • 原材料、資材、商品の安全性のチェックや調査、及び仕入先の品質管理が適正であることを確認します。

■適正な表示・情報開示

  • 原材料の安全性、品質、規格に関して、情報を収集・検証し、正確に記録するとともに、適正な表示を行います。
  • 製品やサービスに関する表示については、誤解を生むような表示や表現は行いません。

■商品の事故及び発生の恐れへの対応

  • 商品事故の発生又はその恐れがある事実を把握した場合には、お客様の安全を最優先に行動します。原因や事実関係について迅速に調べ、関係者の方々に正確に報告します。

3.公正・公平な取引

商品・サービス・実績・価格・信頼性などを総合的に判断します。また、公正かつ公平な参入機会を設けます。

■お取引先の選定

  • お取引先の選定は、品質・サービス・価格・実績・信頼性などを総合的に判断します。

■不適切な利益提供の禁止

  • 第三者から見て不適切と判断されるような贈答品や接待の授受は行いません。

■お取引先に対する優越的地位の濫用の禁止

  • 自己の立場を利用して、お取引先に対し不当に不利益を与える行為は行いません。他社との取引は常に公正に行います。

■公正かつ自由な競争の確保

  • お取引先の自由意思により、商品やサービスを提供することができるよう、公平な参入機会を設けます。

4.人権の尊重

国際的な人権に関する基準や考え方を重視し尊重します。

■公正な雇用・処遇

  • 国と地域の法令に基づき、雇用や処遇(賃金や教育、人事評価を含む)を公正に行い、人種、民族、性別、年齢、国籍、宗教、信条、または社会的身分、障害の有無、職種や雇用形態の違い、性的指向などを理由に差別的な扱いや嫌がらせ(ハラスメント)は行いません。

■強制労働・児童労働の禁止

  • 強制労働・児童労働は行いません。従業員の雇用にあたっては、従業員の自発的な意思による就業であること、就業希望者の年齢を確認します。

■団結権・結社の自由の尊重

  • 国と地域の法令に基づき、従業員の団結権・結社の自由を尊重します。

5.労働における安全衛生

従業員が安心して働くことができる安全な環境を整備します。

■健全な職場環境の確保

  • 国と地域の労働関係法令を遵守し、安全で健全な職場環境の確保に努めます。

■従業員への教育訓練

  • 労働災害の発生予防のため、従業員に対して職場の安全衛生についての教育を実施します。また、従業員が職場の問題点について話し合いができるよう風通しのよい職場作りに努めます。
  • 従業員個々人の能力向上を目的とした教育を実施し、労働安全衛生のみならず、従業員が生き生きと活躍できる職場を目指します。

■過重労働の防止

  • 国と地域の労働関係法令を遵守し、従業員の過重労働を防止します。

6.地球環境への配慮

「ニッポンハムグループ環境方針」に則り、持続可能な社会の実現に向けて、サプライチェーン上の関係者とともに環境負荷低減に努めます。

■環境に配慮した商品・サービスの開発と調達の推進

  • 環境に配慮した商品・サービスの開発に努めるとともに、調達においても、環境に配慮した商品・サービスを選定します。

■省エネ・省資源・環境負荷低減

  • 資源の利用量削減、再利用に努め、環境への負荷を低減します。

■地域社会の環境保全

  • 国と地域において定められた法令・基準を遵守し、事業拠点の近隣で生活する方々の健康や安全、地域社会の環境保全などに十分注意を払い事業活動を行います。

■生物多様性の保全

  • 事業活動を営む地域や商品・原材料の調達先における生態系の保全ならびに生物多様性に関する状況を把握し、維持・改善に努めます。

以上

推進体制

CSR推進部が事務局となり、タスクチームを立ち上げ、各事業本部の調達担当者と連携して取り組みを進めていきます。重要な事項に関しては、CSR推進委員会において検討しています。

今後に向けて

今後も継続的に、CSR調達方針・ガイドラインについて、サプライヤーの皆様に説明を行います。また、セルフチェックを実施するなど、サプライチェーンの透明性を高めていきます。

ピックアップ