食とスポーツへの想い

私たちの想い

人の未来の元気を育む企業でありたい

ニッポンハムグループは、
企業理念の一つである「食べる喜び」をテーマとし、
食を通じて社会に貢献することを掲げています。
「食べる喜び」とは、「おいしさの感動」と「健康の喜び」を表しています

私たちは、
食とさまざまなスポーツ活動の支援を通して、
皆様の心と体の元気を応援し続けることで、
「おいしさの感動と健康の喜び」を皆様とともに分かち合いたいと願っています。

スローガン

「食とスポーツで健康を育てよう」という皆様へのメッセージのもと、心と体の元気を応援する活動を推進しています。

~創業者 大社義規の想い~
食とスポーツで社会に貢献する

当社創業者は、北海道日本ハムファイターズの前身である日本ハム球団を設立した際、「食とスポーツで社会に貢献する」と宣言しました。私たちは、創業者の精神を受け継ぎ、心と体の健康づくりに貢献していきます。

「これからの国をささえる若者たちが健やかに育ってもらうためには大いにスポーツをやってもらわねばなりません。動物性蛋白を供給するのが、健康、体位向上への社会貢献なら、健全なプロ野球の発展に尽くすのも社会への貢献だと私は思います。
今後は、この両事業を通じて、国民の健康と体位向上に、及ばずながら全力投球したいと念願する次第であります。」

(昭和48年11月19日発行の社内報より抜粋)

少年ファイターズの子どもたちと野球観戦する創業者