健康増進への取り組み

基本的な考え方

ニッポンハムグループは、消費者の健康増進に寄与することは、食品メーカーとしての重要な使命の一つと考えています。
5つのマテリアリティ(重要課題)」の一つとして「食の多様化と健康への対応」を掲げており、これからも健康志向に対応したアイテムの開発や健康寿命延伸についての情報発信などに注力していきます。

主な取り組み

共通品質として「健康」を明文化

商品を開発する際、「安全性」や「おいしさ」という食品としての基盤となる品質要件に加え、社会課題の解決に貢献する「健康」「環境」「ユーザビリティ」の3つの視点を共通品質として、「品質保証規程」に明文化しました。
「健康」においては、たんぱく質などの好ましい栄養素の摂取拡大を進めるとともに、摂取をためらう理由への配慮や、よりよい食事バランスのための開発設計・情報提供に取り組んでいます。

健康に配慮した開発設計・情報提供の一例

  • たんぱく質を豊富に含む商品の提供
  • 不足しがちな栄養素を補う商品の提供
  • 食物アレルギーや多様な価値観に配慮した商品の拡充
  • 塩分や脂質などを抑えた商品の提供

健康志向に対応したアイテムの拡充

健康志向に対応した商品の開発に注力しています。

■健康志向に対応した商品例

糖質ゼロ・高たんぱく
「ヘルシーキッチン ZERO ロースハム」

カルシウム入り
「皮なし ウイニー」

食物繊維入り
「ナチュミート ハンバーグ デミグラス風」

糖質ゼロ
「ローストサラダチキン プレーン」

ビフィズス菌HN019 使用・カルシウム・鉄入り
「ビフィズス菌 のむヨーグルト」

高たんぱく・脂肪ゼロ
「Ísey SKYRイーセイ スキル バニラ」

健康食品の開発・販売

日本ハム(株)中央研究所では、当社グループが保有する豊かな生物資源を活用し、イミダゾールジペプチドやプラセンタエキス、コラーゲンなどの素材を抽出し、安全性・有効性などを科学的に評価して商品化しています。

オンラインショップ「ニッポンハム ヘルスケアOnline」では、健康食品の販売や、くらしに役立つサービスをお届けし、皆様の健康な毎日をサポートしています。

高齢者のフレイル予防

加齢に伴い心身の機能が低下し、要介護状態に陥る前段階をフレイルと呼びます。
当社グループと関西医科大学は、フレイルに関する共同研究を実施。短時間機能訓練型デイサービスに通う要支援・要介護者に、適度な運動に加え、たんぱく質を多く含む加工食品を食べる試験を行った結果、握力と歩行速度が上がり、フレイル予防効果があることをつきとめました。
また、対象者に食事の考え方や試験中の筋肉の増加量などを説明し、自身が体調への効果を実感したことで、日常生活における食品の選択で、たんぱく質の多い食品を選ぶという行動の変化にもつながりました。

老化のメカニズムを解明

加齢による衰えを最新科学でコントロールする――そんな夢のようなプロジェクトが、東京大学大学院新領域創成科学研究科で進められています。日本ハム(株)は、同研究科に「食の未来・エイジングデザイン研究」社会連携講座を設置し、中高齢者を対象とした健康情報の収集や食生活の改善につながる食事介入試験を実施。試験によって得られたデータは、AI技術を駆使して網羅的に解析していくとともに、老化制御に関するメカニズム解明や老化指標の特定につなげていきます。これらによって、高齢者が自ら健康長寿を実現(エイジングデザイン)できるサービスの提供を目指します。