サプライチェーンマネジメント

持続可能な原材料調達

世界中から原材料、包装・資材、家畜、飼料等の調達を行っているニッポンハムグループでは、環境や社会に配慮した責任ある調達が重要だと考え、認証品をはじめとした持続可能な調達を推進しています。
日本ハム(株)はグローバルな消費財流通業界のネットワークであるザ・コンシューマー・グッズ・フォーラム(TCGF:The Consumer Goods Forum)の「社会的サステナビリティワーキンググループ」へ参加し、自社だけでは解決が困難なサプライチェーン上の問題解決に取り組んでいます。

パーム油の調達

パーム油はアブラヤシの果実から搾油された植物油で、私たちの身の回りの食材や日用品といった様々な製品に使用されています。その汎用性の高さから多くの需要と生産が見込まれる一方、農園開発に伴う熱帯雨林での環境破壊や、児童労働、強制労働といった人権問題が発生しています。
日本ハム(株)は、2020年8月、RSPO※1に加盟し、 2030年までにグループ内で商品の調理等に使用するパーム油を持続可能なパーム油へ100%切り替えることを目標に掲げました。

今後はグループ各社の仕入れ部門が連携し、パーム油を取り巻く環境問題や人権問題の解決に貢献していきます。

  • 1 RSPO(Roundtable on Sustainable Palm Oil:持続可能なパーム油が標準となるよう、その生産、流通などの促進や認証スキームの構築・運用を行う国際的非営利組織

紙の調達

国際連合食糧農業機関(FAO)の「世界森林資源評価2020」によると、世界の森林面積は2010年から2020年の間に年平均470万haが減少しており、気候変動、大気汚染、生態系の破壊といった問題が発生しています。
ニッポンハムグループではこれらの問題に取り組むため、一部の商品・ギフトで使用する包装・資材にFSC※2認証紙を使用しています。

また、昨今はプラスチック使用量削減のため、一部商品の包装・資材をプラスチックから紙へと切り替える取り組みを行っています。

  • 2 FSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)は責任ある森林管理(過伐採されていない、従業員が違法労働されていないなど)を世界に普及させることを目的に設立された国際的な非営利団体

FSC認証紙を使用する製品

「彩りキッチン®」シリーズ
ラベル・スッテカーに使用

「Ísey SKYR イーセイ スキル」シリーズ
容器に使用

「ロルフベビーチーズ」シリーズ
中の台紙に使用

「美ノ国」バラエティ用化粧箱シリーズ
ニッポンハムグループギフトの化粧箱の80%以上にFSC認証紙を使用