気候変動

ライフサイクルアセスメントの実施

ライフサイクルアセスメントとは製品やサービスに対する、環境影響評価の手法のことです。「環境アセスメント」では、主に大規模開発などによる環境への影響を予め評価することを目的としていますが、「ライフサイクルアセスメント」では、主に個別の商品の製造、輸送、販売、使用、廃棄、再利用までの各段階における環境負荷を明らかにし、その改善策をステークホルダーと共に議論し検討します。私たちニッポンハムグループでは、カーボンフットプリントなどの活動を通し、環境への配慮を評価・改善しています。

カーボンフットプリントの取り組み

商品がお客様の手にわたり、消費されるまでには、原料(お肉、小麦等)の調達・生産・加工に始まり、商品パッケージの廃棄・リサイクルまでに大きく分けて5つの段階があります(下図参照)。これらの5段階でどれだけの環境負荷が発生しているのかを計算し、評価する「ライフサイクルアセスメント」の手法を利用した「カーボンフットプリント(炭素の足跡)」に取り組んでいます。

■日本ハム(株)は、カーボンフットプリント・マークを表示した商品を販売しています。
日本ハム(株)は、「森の薫り®」シリーズのソーセージ、ハム、ベーコンにおいて、カーボンフットプリント・マークを表示し、販売しています。

■カーボンフットプリント・マークを表示した商品

この表はスクロールしてご覧いただけます。

商品名(内容量、CFP登録番号) 商品写真 CO2排出量
390g
240g
210g
  • 上記の商品は、ハム・ソーセージ類のPCRに基づき算定を実施し、CFP検証パネルでの検証後、カーボンフットプリント・マークの使用許諾を得たものです。

■「森の薫り®」の商品ラインナップやレシピの紹介はこちらをご覧ください。

環境負荷の分析結果を踏まえた取り組み

スコープ3の算定の結果、ニッポンハムグループの操業範囲でのCO2排出量が比較的小さく、原材料調達の側面での排出規模が大きいことが分かりました。

そこで、削減に取り組むべき対象は何か、CO2排出規模とニッポンハムグループの管理のしやすさ(関与度)の観点から分析。排出規模は小さいが、関与できる余地が大きい包装材料・段ボールを先行項目として取り組みを進めています。