資料ダウンロード
ニッポンハムグループCSR コミュニケーションブック2018
CSR Activity 2019
Data Book

廃棄物/資源利用

基本的な考え方

ニッポンハムグループの事業の源泉は、地球という大きな自然の恵みと、さまざまな生命の恵みです。だからこそ、ニッポンハムグループは生命の恵みを余すことなく使い切り、自然の恵み、豊かな自然、良好な環境を守るため、限りある資源を大切に活かし、持続可能な社会の実現に取り組んでいきます。

推進体制

推進体制については、環境マネジメントページの推進体制をご覧ください。

主な取り組み

生命(いのち)の恵みを活かす

生命(いのち)の恵みを活かす

生命の恵みを余すことなく活かした活動事例を掲載しています。

外部との協働による資源循環

外部との協働による資源循環

外部と協力して、限りある資源を有効に活用している事例をご紹介します。

容器包装の削減

容器包装の削減

容器包装簡易化への取り組みをご報告します。

ニッポンハムグループ全体(国内)の廃棄物発生量・原単位の推移

2017年度結果(2016年度比)

※2018年に発生した台風21号及び北海道胆振東部地震に伴う廃棄物は除く。

今後に向けて

資源の再利用に関して、ニッポンハムグループでは国内拠点における廃棄物のリサイクル率を2020年までに94%以上にすることを掲げ、取り組みを進めていきます。
資源の有効活用については、食品の生産や加工段階で発生した副産物だけでなく、商品設計においても包装資材の軽量化を行うなど、取り組みを進めていきます。

ピックアップ