※ニュースリリース掲載時点の情報となります。今後、変更となる場合もありますのでご了承ください。

メールマガジンのご登録はこちら

2016年 ニュースリリース

2016年7月5日
日本ハム株式会社
マリンフーズ株式会社

水産業界初の“超高圧製法”による加工品第二弾登場
いろいろな食べ方で毎日の食卓に彩りを
「回転寿司でおなじみ シーサラダ」
7月7日(木)新発売

19045_ext_05_0.jpg

ニッポンハムグループのマリンフーズ株式会社(本社:東京都品川区、社長:蓑内眞三)は、7月7日(木)より「回転寿司でおなじみ シーサラダ」を新発売します。
本商品は、6月8日(水)に発売した漁師町バルシリーズに続き、水産業界初の“超高圧製法”を利用した加工品です。超高圧製法は、食品加工に1,000気圧(海底1万メートルに相当)以上の圧力を利用することで熱を使わない殺菌(超高圧殺菌)が可能になる技術です。「シーサラダ」はその高圧処理と独自のノウハウにより、チルド商品の味を維持しながら従来品と比べ日持ちを向上させるLLC(ロングライフチルド)を実現しました。
回転寿司チェーンの軍艦ネタとしておなじみになったシーサラダをパンや野菜サラダ、おにぎりなど食卓への出現頻度が高いメニューにご活用いただくことで、メニューの広がりを楽しめます。主な原料のイカや貝は、部位ごとにその特性に合わせて別々に調味してから混ぜ合わせるこだわりで、具材のおいしさがしっかりと味わえます。
また小さくカットしたイカや貝、さらに魚卵の食感が楽しめ、お子様から大人まで幅広いお客様に好まれる仕上がりです。
今後もマリンフーズは“超高圧製法”など独自の加工技術で水産品の新たな可能性を切り拓きシーフードの新しいスタイルを提案していきます。
商品名 回転寿司でおなじみ シーサラダ
内容量 90g
希望小売価格 298円(税別)
保存方法 冷蔵(10℃以下)
販路 全国の量販店、食料品店など

企業情報

  • 企業情報

関連ページ

  • IRニュース
  • CSRレポート
  • お客様相談窓口