※ニュースリリース掲載時点の情報となります。今後、変更となる場合もありますのでご了承ください。

メールマガジンのご登録はこちら

2016年 ニュースリリース

2016年9月30日
日本ハム株式会社
日本ルナ株式会社

乳酸菌飲料で野菜と食物繊維を気軽に摂取
第三弾 乳酸菌入りカップ飲料!!
イエロースムージー
10月3日(月)新発売

19222_ext_05_0.jpg

ニッポンハムグループの日本ルナ株式会社(本社:京都府八幡市、社長:伏見浩二)は、10月3日(月)よりときめきカフェシリーズから「イエロースムージー」を新発売します。
ときめきカフェは2013年に立ち上げたチルドカップ飲料のオリジナルブランドです。

スムージー市場はここ2、3年伸長を続けております。(※1)しかし、スムージーをご家庭で作るとなると手間がかかり面倒という消費者心理に注目しました。3月に発売したグリーンスムージー、7月に発売したレッドスムージーもおかげさまで大変ご好評をいただいております。

スムージーの飲用理由としては「健康・美容」のため以外に「美味しい・飲みやすい」という味に関する理由も多くあります(※2)。本品は黄色系野菜(にんじん、かぼちゃ、黄ピーマン)や果物(グレープフルーツ、パイナップル、黄桃、りんご)をバランス良く配合し、野菜が苦手の方でも楽しめるフルーティーな味に仕上げております。

さらにスーパーフードとして注目を集める“バオバブ”を配合しました。また、生きて腸まで届く植物性乳酸菌HSK201と、食物繊維(6.5g/1本あたり)と、腸のなかで乳酸菌の働きをサポートするフラクトオリゴ糖も配合しており、健康や美容に配慮した商品です。また、同日においてレッドスムージーもリニューアル販売致します。
健康・美容情報に敏感な20代~30代の女性を主なターゲットにしています。

※1:出典:富士経済 スムージー(粉末タイプ)市場規模
※2:マイボイスコム株式会社のインターネット調査より
商品名 ときめきカフェ イエロースムージー
内容量 240g
希望小売価格 170円(税別)
保存方法 冷蔵(10℃以下)
販路 全国の量販店、コンビニエンスストアなど

資料

(1) グリーンスムージーとレッドスムージーの販売実績

「グリーンスムージー」と「レッドスムージー」は、発売以降順調に売り上げが伸びています。

※グリーンスムージーは2016年3月末より発売
※レッドスムージーは2016年7月より発売

19222_ext_20_0.jpg

出典)インテージSRI 2016年 4月-8月 推計販売個数 全業態

(2) バオバブとは

・アフリカで「生命の木」と呼ばれ、スーパーフードとして注目されています。
バオバブの実の外側は硬い殻に覆われていますが、中はマシュマロのような白っぽい果肉が入っています。

・バオバブの果肉はほのかに甘く、ナシのような風味があります。
また、食物繊維、ビタミンC、カルシウムが豊富で高い抗酸化作用があります。
この果肉をパウダーにして、イエロースムージーに配合しています。
 

(3) ときめきカフェ スムージーのラインナップ

19222_ext_20_3.jpg

ときめきカフェ グリーンスムージー

内容量:240g
希望小売価格:170円(税別)
発売中

19222_ext_23_3.jpg

ときめきカフェ レッドスムージー
チアシード入り

内容量:240g
希望小売価格:170円(税別)
同日リニューアル発売

レッドスムージーは何が変わったの?
(1)赤色系野菜(にんじん・トマト)と果物(いちご・りんご・ラズベリー・ざくろ)の配合を変更し、フルーティーな味へ。
(2)新たに必須脂肪酸やカルシウム、マグネシウムを多く含む人気のスーパーフード「チアシード」を配合。
(3)植物性乳酸菌HSK201(※)や食物繊維(6.3g/1本)、フラクトオリゴ糖も継続配合。

※植物性乳酸菌HSK201は日本ハム中央研究所と日本ルナがアレルギーの研究を行う中で、多くの乳酸菌の中から選抜した乳酸菌です。

企業情報

  • 企業情報

関連ページ

  • IRニュース
  • CSRレポート
  • お客様相談窓口