※ニュースリリース掲載時点の情報となります。今後、変更となる場合もありますのでご了承ください。

メールマガジンのご登録はこちら

2018年 ニュースリリース

2018年2月27日
日本ハム株式会社
日本ハム冷凍食品株式会社

日本ハム初の家庭用冷凍炒飯
チキチキボーン®味シリーズ家庭用冷凍食品第3弾!
チキチキボーン®味 炒飯 他1品
3月1日(木)新発売

20286_ext_05_0.jpg

チキチキボーン®味 炒飯

20286_ext_05_1.jpg

お弁当フライドチキン チキチキボーン®味

ニッポンハムグループの日本ハム冷凍食品株式会社(本社:東京都品川区、社長:鶴田道太)は、3月1日(木)より家庭用冷凍食品「チキチキボーン®味 炒飯」と「お弁当フライドチキン チキチキボーン®味」の計2品を新発売します。

昨春よりニッポンハムグループのリソースを活用し、『チキチキボーン味シリーズ』を発売しました。現在、弊社は2020年に売上300億円を目指す中で既存カテゴリーの売上拡大だけでなく、新規カテゴリーの取り組みが必要であると考えています。

そこで弊社は拡大を続ける家庭用冷凍炒飯市場(※)に着目しました。当市場は大きな市場であることから、日本ハムオリジナル炒飯の開発を通じて市場参入を目指してきました。グループの強みが活かせる新商品完成に期待を込めて、このたび弊社初の炒飯を発売します。
本商品は「チキチキボーン®骨なしフライドチキン」を入れ、具材だけでなくお米にもチキチキボーンのスパイスを使用しています。一度食べるとまた食べたくなるスパイシーな味付けに仕上げました。

一方、同時に発売する同リソースを使用した「お弁当フライドチキン チキチキボーン味」は、11種類のスパイスを使用し、やわらかくジューシーなお肉と、フライドチキン仕様のサクサクとした衣が楽しめるお弁当にぴったりの一品です。今後もブランドの相乗効果をさらに高める商品の企画、販売を行っていきます。
※2017年 推計市場規模345億円 前年比106%(インテージSCI 冷凍炒飯市場 2017年1月~12月 購入金額)

チキチキボーン®味 炒飯

内容量 500g
希望小売価格 オープン価格
保存方法 冷凍(-18℃以下)
販路 全国の量販店、食料品店など

お弁当フライドチキン チキチキボーン®味

内容量 102g
希望小売価格 オープン価格
保存方法 冷凍(-18℃以下)
販路 全国の量販店、食料品店など

企業情報

  • 企業情報

関連ページ

  • IRニュース
  • CSRレポート
  • お客様相談窓口